« ホームランを打った子の親 | Main | サマーキャンプ »

July 13, 2005

やばい

「やばい」の意味は、
〔「やば」の形容詞化。もと,盗人・香具師(やし)などの隠語〕
(1)身に危険が迫るさま。あぶない。「―・いぞ,逃げろ」
(2)不都合が予想される。「この成績では―・いな」
(3)若者言葉で,すごい。自身の心情が,ひどく揺さぶられている様子についていう。「格好良い」を意味する肯定的な文脈から,「困った」を意味する否定的文脈まで,広く用いられる。「この曲,―・い(=格好良い)よ」
(1)と(2)は分かるし、私もよく使うが、(3)はねぇ....。もちろん、女子高生とかがそういう意味で使っているのは知っていた。「やばいくらい、いい。」ということなんだろう。言葉は生きているので、変化していくものとは思うが、もともと否定的な意味だった「やばい」が、肯定的な意味になるのはどうでしょう。この意味を知っている人同士の会話ならいいが、もし知らない人が聞いたら、全く逆の意味ととってしまうだろう。いずれにせよ、「本来は意味が違うんだ。」ということを認識した上で使わないといけないだろう。
 思わず、子どもに国語を教える小学校教諭らしいことを言ってしまいました。

|

« ホームランを打った子の親 | Main | サマーキャンプ »

Comments

かとせんさん、こんにちは。
私も「やばい」というのは、
「やばい、サツが来た、逃げよう」
というように使うものだと思っていたので、
若者と話していたときに、
「●○の今度のアルバム、やばいですねぇ~」なんてのを聞いて、「はて?これはどういうことなんだろう?」という戸惑いを覚えました。
こういう使い方がすぐに広まってしまうのは、テレビなんかの影響も大きいんだろうな、と思います。

Posted by: 暴れん坊テナーマン | July 13, 2005 11:33 PM

おはようございます!
若者言葉は、日々進化し続けてますからねぇ。最近不思議に思う言葉に、「ぜんぜんOK」があります・・・。
なんか、変じゃないですか(^_^;)?!。

Posted by: かおちゃん | July 15, 2005 08:32 AM

〈暴れん坊テナーマンさん〉
 お久しぶりです。コメント、ありがとうございます。音楽に携わるテナーマンさん、若手と接する機会も多いのではないでしょうか。何かと引っ掛かる言い方もあるでしょうね。
〈かおちゃんさん〉
 いつも、コメントありがとうございます。読んで下さって、とっても嬉しいです。私も毎日子どもと接しているので、流行りの言い回しには敏感になります。と言いつつ、その言い回りが伝染してしまうこともあります。最近伝染しているのは、「~~だし。」というように、文末に「だし。」とか「し。」をつける言い方。子どもがよく言うんですよ。それにつられて、つい「おれ、明日の計画まだ立ててないし。」とか言っている自分に気付きます。結構、軽い私です。

Posted by: かとせん | July 16, 2005 11:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference やばい:

« ホームランを打った子の親 | Main | サマーキャンプ »