« July 2005 | Main | September 2005 »

August 30, 2005

夏休み終わりだぁ~

 やっぱり今日のタイトルは、これになっちゃうわけですよ。「あー、始まっちゃうな。」という気持ちは、子どもと一緒。決して学校が嫌なわけではないのですが、夏休みが終わる寂しさは隠し切れません。

 先生の夏休みは、皆さんが思っている以上に忙しく、毎日仕事に追われているのが現状です。(私が先生になった頃は結構遊べましたが。)この時期にやっておきたい仕事もたくさんあるのですが、水泳指導やら出張やら研修やらで、なかなか進みません。そして信じられない速さで9月がやって来るのです。私も積み残しだらけです。

 さあ、明日は元気な子どもたちが学校に帰ってきます。気合いを入れて頑張りましょう。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

August 29, 2005

小田和正・チケット来た~!

tiket

 来ましたよ。小田和正のチケット。プラチナチケットをゲット!同僚の先生のお姉さんを通じて買ったものです。来月の21日の武道館。座席は正面ではないのですが、1階の前から3列目なので、かえってステージから近いかも。やりました。楽しみだなぁ。9月はいろいろな仕事があって、とっても忙しいんだけど、これを目指して頑張りますよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 27, 2005

筆記試験・無事終了

 副校長選考試験の筆記・論文試験が無事終わりました。ホッと一安心。

 まず最初は「教育法規」に関するもの。4問の中から3問を選択して、法的な根拠を述べながら自分の考えを書くというもの。内容的にはさほど難しいものとは思えなかったが、1時間30分では時間が足りず、最後の1問は不十分な解答しかできなかった。続いて教育内容に関する論文、1時間30分。課題は抽象的でなかなか難しいもの。どうとでもとらえられるような内容である。しかし、「ええい、この線で行こう!」と自分なりに論点を定め、最後まで書ききった。まあ、こんなものかなという感じ。結果はどうあれ、まあ自分なりに頑張ったかなというところだ。

 いやー、でも疲れました。3時間、こんなに集中して文章を書いたのは何年ぶりだろう。終わった瞬間、脱力感に襲われました。それから、最近文章を書いていないなぁと、しみじみ実感。常にパソコン使って文章を書くので、鉛筆を使って文章を書くということを忘れているのです。書こうと思った漢字がなかなか出てこなかったり。だめですねぇ。

 来週は集団面接、気が重いなぁ。

 

| | Comments (25) | TrackBack (0)

August 26, 2005

明日は試験だ

 何日か前に書いたように、明日は「副校長選考試験」だ。別に緊張なんてしないんだけど、ちょっぴり大学受験をする前とかの、あの気持ちを思い出す。でも、原稿用紙を目の前にして、頭が真っ白になってしまうのだけはいやだな。明日は論文なので、時間は長いんだよね。3時間もそんな状態でいるのは避けたいな。自己嫌悪に陥るもん。まあ、リラックスしてのぞみますよ。別に出来なくてもいいじゃん。でも、書けないのもなさけないなぁ~。

 な~んて、試験を目前に、柄にもなく揺れ動く、40歳の私でした。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 25, 2005

すごいですねぇ、用宗海岸

 台風11号が、まさに直撃のようです。テレビでは、静岡市の用宗海岸の映像がよく流されていましたが、防波堤にぶつかった波の高さがすごいですね。海岸近くにお住まいの方、気を付けてくださいね。防波堤とか消波ブロックとかって、普段何気なく見ていますが、こんな映像を見ると、「本当に効果があるんだなぁ。」と実感してしまいます。もし、これらが無かったら、大変なことになりますね。私の住む横浜では、今のところさほど風雨は強くありませんが、これから深夜にかけてどうなるのでしょうか。

 追伸 静岡市には「駿河区」、「葵区」という名前の区が出来たんですね。他にはどんな区ができたのでしょう。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

August 24, 2005

私の得意技・講演会で居眠り

 今日の研修会は「人権教育」についての講演会でした。ここで出ました、私の得意技。公会堂の椅子に座るとすぐに眠ることができるんです。「人権教育」は興味のある分野なのですが、どういうわけか、今日はよく寝ました。講師の話がつまらないとか、下手だとかいうことはなかったのですが、正直なところほとんど聴いていませんでした。何のために行ったのでしょう。私の場合、居眠りをするとヨダレが出る悪い癖があって、今日も腕組みをして寝ていたら、腕が濡れていました。きっと口を開けて、間抜けな顔をして寝てるんでしょうね。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 23, 2005

実は私、試験受けます

 昨日、このブログを読んでくれている同僚のTさんにカミングアウトして、気が楽になったので、書いちゃいます。(ブログで隠すのもナンセンスだもんね。)

 実は私、「副校長選考試験」を受けることになってしまいました。(私の市では教頭を副校長とよびます)今週の土曜日は、教育内容と教育法規に関する論文試験、来週は集団面接があります。ここのところ、時間を見つけては準備をしています。(勉強という程のものではないのですが。)

 特に副校長になりたいわけではないし、まだ40を過ぎたばかりの私に、それほどの力があるとも思えません。でも、成りゆき上とはいえ、そういう機会を与えられたのだから、「まあ、とにかくやってみるか。」という気持ちになったのです。(副校長になりたくて、何年も試験を受けている人もいる中で、「ポッ」と試験を受ける私が、合格するはずはありませんが。)でも、こうやって改めていろいろな本を読むと、結構知らなかったことって多いんですよね。それから、教育課題などについては、「自分だったらどう考えるか。」というように、自分の考えを整理し直すことができるので、結構いい勉強になります。それだけでも意味があったかな。まあ、肩の力を抜いて頑張りますよ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

August 22, 2005

秋の気配

 秋の気配....。オフコースじゃありません。暑い暑いと言っていても、8月も後半になると朝晩はだいぶ涼しくなってきましたよね。昼間は暑かった今日の横浜ですが、今は気持ちのいい風が吹いています。夏も終わりに近付いてきたなぁと感じます。今日は22日、8月もあと1週間ですね。とか言いながら、暑がりの私は、クーラーをつけて寝ています。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

August 21, 2005

義経 音楽絵巻

yoshi

 日曜日は「義経」の日。今日は大河ドラマ「義経」のサウンドトラックを紹介します。メインテーマ「伝説、そして神話へ ~Legend To Meth」をはじめとして、ドラマの中で使われている音楽が収録されている。作曲は岩代太郎氏、演奏はもちろんN響。メインテーマの指揮はウラディーミル・アシュケナージ氏ということです。(すみません。私、クラシック詳しくありません。)ライナーノーツの中で、岩代氏はこんなふうに書いています。「疾風の如く現れ、そして走り去った義経を象徴するかのように、颯爽としたテンポ感や儚い運命に翻弄されたがゆえに漂う悲壮感。さらには戦の神とまで称えられた義経のカリスマ性を、凝縮した音楽作品として表現したいと願いつつ作曲しました。」

 心に残る映像には、必ずよい音楽が流れています。このCDを聴いて、「義経」を楽しめる理由は、スケールの大きい音楽にもあるのだということを感じました。私のような、「義経マニア」の方、是非聴いてみてください。お勧めです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 18, 2005

田谷の洞窟

DSCF2525

 今日、研究会の地域理解研修会で、栄区の田谷町にある「田谷の洞窟」に行ってきた。これは、鎌倉時代、僧の修行場として掘られたもので、今でも洞窟の壁にはノミの跡が生々しく残っている。洞窟というと、さほど奥行きがないものと思いがちだが、何の何の、全長500mはあるらしい。しかも、2層、3層になっているから驚きだ。人の力だけで掘ったと思うとなおさらである。壁面や何ヶ所かある広場には、坂東・秩父・西国の各札所におさめてある仏像が彫られており、居ながらにしてこれらにお参りができるというものだ。先人の信仰心の深さが偲ばれる。

 この「田谷の洞窟」は、あまり知られておらず、横浜周辺にお住まいでも、行ったことのある方は少ないだろう。しかし、一見の価値あり。特に夏の洞窟内はヒンヤリして気持ちいいですよ。 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 17, 2005

職場は「チーム」であるべき?

 今日参加した研修会で、「学校(職員集団)は、チームであるべきだ。」という話が印象に残った。先生というのは個性的な人も多く、個人業者の集まりのようなところもある。それぞれがクラスをもっていると、学校全体のことを考えるよりも、「ウチのクラス」のことを第一に考える。しかし、学校としての質を向上させるには、「チーム」としての職員集団が必要になってくるというのだ。

 私も、基本的に「チーム」の考え方に賛成だ。一人のファインプレーよりも、全員のチームプレーが必要だと思うのである。その学校ならではの特色を出していくことを求められる現在、職員が共通の目標なりビジョンなりをもち、それに向かってみんなで進んでいくという姿勢が不可欠だろう。チームプレーは、それぞれの持ち味を生かすとともに、失敗もカバーできる。しかし、誰かが素晴らしいファインプレーをしたとしても、そこには限界がある。しかし、「チーム」の名の元、みんなが窮屈になってしまったり、犠牲を強いられたりするようでは逆効果だ。その辺のバランスが難しいところだろう。

 いろいろな職種・職場があると思いますが、「職場はチームであるべき。」という考え方はどうでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2005

今日の地震で感じたこと

 宮城県沖を震源とする今日の地震。横浜でもかなりの揺れがあった。時折激しく降る雨のためプールが中止になり、私たちは職員室で仕事をしていたが、ゆーらゆらと大きく揺れ、それがかなり長く続いたように感じた。

 この仕事をしていると、もし子どもが学校にいる時に大地震が起こったら、ということを考えてしまう。普段から定期的に地震を想定した避難訓練を行っているが、果たしてその通りに行動することができるのだろうか。想定していないことも起こるであろうし、子どもがパニック状態に陥ることも考えられる。そうした時に、子どもの安全を第一に考え、瞬時に様々なことを判断し、冷静に行動しなくてはならない。幸い、私が先生になってから、避難をしなくてはならないような大地震に遭遇していないが、常に地震が起こった時のことを頭に置いておかなくてはならないだろう。

 今日はプールが中止になったことで、学校には私たちしかいなかった。「子どもがいない時で良かった。」というのが正直な感想である。

| | Comments (10) | TrackBack (2)

August 15, 2005

夏休み終盤

 今日から夏休みも終盤。(「子どもの夏休み」という意味。我々は休みではない。)後半のプールが始まった。しかし、お盆期間中ということもあってか、参加した子どもはごくわずか。何だか寂しいプールになったが、のんびりしていて、なかなか良かった。午後からは職員室で仕事。帰宅してから教育法規を紐解く。我々教師にとっては休みではないが、授業がないというのは、やっぱり気分的には楽だ。今まで、ちょっとダラダラし過ぎたので、これからは計画的に仕事を進めよう。(できるかなぁ。)あー、夏休みもだんだん少なくなっていきますねぇ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 14, 2005

夫は暑がり、妻は寒がり

 そんなご夫婦、いらっしゃいませんか。私は暑がり。寝る時にも、クーラーをガンガン効かせたい方です。一方、妻は寒がり。「私、死んじゃうよー。」とか言いながらクーラーを消します。だから、夏の夜は、延々とクーラーのリモコン争奪戦が繰り広げられます。「それなら、別々に寝たら。」と言われそうですが、それでは角が立ちます。そんな悩みを持っている方、他にもいらっしゃることと思います。しかし、女の人の「冷え性」ってどんな感じなのでしょう。男の私には感覚的に分かりません。やっぱりクーラーは辛いのかなぁ。

| | Comments (11) | TrackBack (2)

August 13, 2005

何だか中途半端だよなぁ

 中途半端なのは、私のゴルフ。ここのところ忙しくて、ラウンドはおろか、練習もしていなかった。「やらなきゃ。」と思ってはいるのだが、なかなか練習場に足を運べない。今日、「東名富士カントリークラブ」で約2ヶ月ぶりのラウンドをしたのだが、やっぱり予想通りのスコアだった。「あーあ、俺上手くなんないなぁ。もっと練習しなくちゃいけないのになぁ。だめだなぁ。要するに取り組み方が中途半端なんだよなぁ。」とため息ばかりが出る。ストレス解消のためのゴルフが、また違ったストレスを引っ張ってきてしまった。8月も中盤。中途半端にならないよう、何事にも前向きに取り組まなきゃ。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

August 12, 2005

日航機墜落事故から20年

 今日8月12日は、日航機墜落事故からちょうど20年ということで、TBSとフジテレビで、ドラマ仕立てのドキュメンタリーを放映していた。6時30分から11時まで、立て続けに見てしまった。TBSの方は「ボイスレコーダー」を中心に「機長の遺族」という立場から描いたもの、フジテレビは、9歳の息子さんを亡くした、8.21連絡会の美谷島さんの思いを中心に描いたもので、どちらも見応えがあった。改めて一瞬のうちに多数の命を奪った事故の凄まじさを実感するとともに、最後まで必死に操縦をするパイロットの姿や、遺族の方の様々な思いにふれることができた。昨今、トラブル続きのJALだが、今後二度とこのような事故が起こらないよう、徹底した安全管理をしてほしいと思った。

 あの年私は大学3年で、一晩中、千葉の下宿の小さなテレビでニュースを見ていた。翌日、友達とテニスをする約束をしていたのだが、新聞をとっていなかった私は、千葉駅で朝日新聞を買い、総武本線の電車の中で読んだことを断片的に思い出した。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

August 11, 2005

北海道から帰ってきました

 昨日の夜遅く、北海道から帰ってきました。今日は旅行疲れで、1日気が抜けたようになっていました。また日常が始まるんですね。はぁー。

 北海道のベストショットを紹介します。姿見の池から見た大雪山旭岳と、函館の夜景です。携帯からの写真では伝え切れなかったと思うので。

IMG_1683

IMG_1714

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 09, 2005

函館の夜景

旅行4日目。今日は函館大沼プリンスホテルに泊まる。夜、観光バスで行く函館夜景ツアーに参加した。函館の夜景を見るのは2度目だが、やっぱり綺麗だ。しかし、驚いたのが人の多さ。展望台から溢れんばかりの人で、いい場所で見るのに10分くらい待たなくてはならないほどだった。携帯のカメラでは夜景の美しさが分からないのですが、とりあえず見て下さい。200508092058001.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 08, 2005

大雪山旭岳

旅行3日目。天気にも恵まれた。今日のメインは「大雪山旭岳」。ロープウェイで中腹まで登り、「姿見の池」まで約1時間の散策をした。360度の雄大な景色と、堂々とそびえる旭岳。時間を忘れて見入ってしまった。「素晴らしい」の一言だ。「やっぱり北海道はいいなぁ。」と実感した。それにしても、レンタカーの3日間の走行距離が1200キロ。よく走りました。今晩は、登別グランドホテルに泊まります。200508081309000.jpg

| | Comments (17) | TrackBack (1)

August 07, 2005

旭川ラーメン・青葉の本店

旅行2日目。お昼には旭川でラーメン。有名な青葉の本店で食べました。醤油は魚介系のダシに豚骨を加えたもの。コクがあって美味。おしゃべり好きな二代目の主人によると、やっぱり本店で食べるのが一番旨いとのことだった。満足、満足。今日は日本海に面した羽幌のサンセットブラザに泊まります。200508071339000.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (1)

August 06, 2005

襟裳岬に行きました。

今回で6回目の北海道。1日目の今日は新千歳空港から日高地方を一路南下。襟裳岬に行きました。とても気持ちのいい風が吹き、目の前に雄大な風景が広がる。想像以上の場所でした。しかし、携帯で写真を撮るのを忘れてしまい、公開できないのが残念。下の写真は襟裳岬から広尾に向かう、通称黄金道路の風景です。今日は十勝川温泉に泊まります。200508061550000.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2005

明日から北海道旅行です。

いよいよ明日から北海道。携帯を使ってレポートします。今日は、そのためのテストです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 01, 2005

8月スタート

 今日から8月。今月はいろいろありますよ~。研究会の夏季特別研修会、北海道旅行(これはお楽しみ)、教育課程、そしてたまっている学校の仕事....。

 でも、ボケッとしていると、すぐに終わっちゃうんだ。子どもの夏休みと一緒だよ。毎日の仕事に追われていると、「自分はこの夏、何をしたんだ?」と考えると、何も残っていないことに気付くんだよね。今年の夏は、何かを残したいと思うんだけどね。まあ、暑さに負けずに頑張りましょう。

 と言いながら、今日は夏休みに入ってから初めての年休を取り、お昼過ぎまでゆっくりとしていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »