« August 2005 | Main | October 2005 »

September 28, 2005

OH HAPPY DAY

 私の学校では、1月に行われる「市音楽会」に出場することが決まり、それに向けて「特別ミュージッククラブ(合唱)」なるものが立ち上げられました。どういうわけか、私がその担当の一人になってしまいました。先週から、朝練が始まったのですが、今練習しているのが「OH HAPPY DAY」。映画「天使にラブソングを」のあの曲です。とってもいい曲だと思うのですが....。

1.朝練は7時40分から。この時間にテンションを上げるのは、とてもつらい。

2.お陰で、一日中「OH HAPPY DAY」のメロディーが耳について離れない。職員室で仕事をしていても、気がつくと頭の中で、♪「OH HAPPY DAY~~」。

 これからどうなることやら。私のような素人の指導がどこまで通用するのか見物です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 26, 2005

学期末です

 二期制の我が校では、学期末が近付いてきていて、職員室は何かと落ち着きません。評価(いわゆる成績)のシーズンで、みんな1分1秒を惜しんで仕事をしています。こっちの机からは、「シャラッ、シャラッ」と○をつける音、あっちの机では黙々と何かを書き込んでいる人、そしてテーブルから体験学習の計画について相談する声、みんな慌ただしそうです。共用のパソコンがふさがっている時間も長い。整理整頓が下手な私の机上は、書類の山がまさに崩落寸前です。そんな中、いつもと変わらずゆったりとしたペースで過ごしている人がいます。そうです○○先生です。 以上、今日の職員室でした。

 さて、問題です。○○先生とは誰でしょう。(苗字ではありません) 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 25, 2005

職場のパソコン、やばいっ!

 二期制の我が校にとっては学期末、忙しくなってきました。今日も出勤して仕事をしようとしたのですが、以前から調子が怪しかった職場のパソコン(自己所有・SHARP Mebius)が、本当にやばくなってきました。まず、起動に無茶苦茶時間がかかる。そして、ソフトがなかなか立ち上がらない。どうしてでしょう。テストの結果が入っていたので、とても焦りました。最悪の事態も覚悟していたら、やっと立ち上がったので、慌てて手書きでデータを書き写し、事なきを得ました。ホッ。

 新しい職場用のパソコンが欲しいなぁ。共用のパソコンが4台ほどあるのですが、やっぱり自分の机で自由に使えるパソコンが欲しいじゃないですか。でも、自腹を切るのですから、おいそれと買うこともできません。仕事のためだけに使うのにねぇ。一般企業の場合、パソコンは支給されるのでしょうね。いいなぁ。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

September 24, 2005

つい見ちゃう・12chの旅番組

 土曜の夜って、つい12chの旅番組を見ちゃうんですよね。海の幸、山の幸、温泉と、内容は決まっているのに。出演者のコメントも、「気持ちいいーっ。」「こりゃ、最高だね。」「普段はなかなか味わえないね。」などと、お決まりのものばかり。それでいて、たまに自分が行ったことのある場所や旅館が出ると、密かに嬉しかったりして。あれって、何も考えず、ボーッと見られるからいいのかな。現実逃避を夢見る、おじさん、おばさんの弱点をズバリとつく12ch、恐るべし。......で、それにはまっている俺も、立派なおじさんか。トホホ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 23, 2005

二日連続・小田和正

 昨日も武道館に行って来ました。二日連続は初めて。でも、行っただけのことはあります。展開が読めていても、一昨日と同じように楽しむことができました。「夏の日」が「忘れてた思い出のように」になっていたり、アンコールで「愛を止めないで」をやったり、松たか子がゲストに来たりと、1日目には無かった演出もありました。そして、3回のアンコール、「たしかなのこと」の大合唱、10時までたっぷりと小田ワールドに浸ることができました。よかった~。それにしても、一昨日、おんなに飛ばしていたのに、歌声は衰えることなく、後半になるとますます冴えてきます。ものすごい体力と歌唱力の持ち主なんだということを改めて感じました。小田さん、最高のコンサートだったよ。今日からまた頑張るよ。

 

| | Comments (7) | TrackBack (0)

September 21, 2005

小田さん、一生ついていくぜ!

 行って来ました、小田和正・武道館。いやーっ、やられました。やっぱりすごいですよ、この人。どの曲も、とってもクオリティーが高く、煌めきを放ちます。あのパワー、そして広い会場に響き渡る力強い声。中学生の頃から大好きだった小田さんが、25年以上たってもあんなに素晴らしい歌声を届けてくれる。本当に小田さんのファンで良かった。大袈裟だけど、ずっと追い続けてきた自分は間違っていなかった。今、とても幸せな気持ちです。 

 「キラキラ」「Yes・No」、盛り上がりました。「YES・YES・YES」、涙が出そうになりましたよ。「真っ白」「RE」「大好きな君に」、ニューアルバムの歌もよかった。そして、「風のように歌が流れていた」「言葉にできない」「君住む街へ」、小田さんの本領発揮。歌声が心に響きました。小田さん万歳!一生ついていくよ。ちなみに私、大きな声では言えませんが、明日も行きます。

  

| | Comments (9) | TrackBack (0)

September 20, 2005

国語なんて嫌いだぁ。

 国語の研究授業、玉砕しました。本当に参った。子どもが思ったように動かなくて、「くそぉー、あいつらぁ。」と思っていたのだが、冷静に考えると、「あの子たちの良さを引き出してあげられなかった。俺が悪かったんだ。」という自責の念がこみ上げてきた。あー、落ち込む。

 落ち込みついでに(?)、8chの「ものまね」番組をボケッと見ていたら、大爆笑。特に「ブルース・ウィルス」ならぬ「ブルース・ウィリス」には、笑いが止まらなかった。(まさか、見ていた人います?)落ち込んでも、立ち直りの早い、とっても便利な私だった。

 さあ、明日は小田和正のコンサートだぜぇ。明日ばかりは、仕事をササッと済ませて、武道館へGO!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 19, 2005

せっかくの連休なのに...

 この3日間、私は何をやっていたんでしょう。明日、国語の研究授業が控えているせいか、何となく気持ちが落ち着かないし、と言ってもせっせと準備するわけではないし。結局外に出たのは、一昨日の夜、横浜ベイシェラトンHのバイキングに行ったのと、昨日学校に仕事をしに行っただけ。とっても天気がいいのに、あー、虚しいなぁ。テレビでは、「愛地球博」の超混雑ぶりが伝えられていて、「あーあ、混むの分かっていて、よく行くよなぁ。信じられない。」などと言っているが、俺の過ごし方より、よっぽどいいか。

 とにかく、明日は研究授業。無事終わってくれることだけを願っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 17, 2005

女王の教室

 「女王の教室」、最終回でしたね。現実とのギャップもあり、学校物のドラマはほとんど見ないのですが、これはついつい見ちゃいました。「こんな先生、いねぇよ。」とか「実際は、こんなことありえねぇよ。」とか言いながら見ちゃったのは、クラスの子たちの個性が豊かだったせいでしょうか。和美ちゃん、進藤さん、馬場ちゃん、えりかちゃん、由介、どの子もいい味出していました。こんな子たちがいたら、クラスが楽しいだろうなぁと思います。しかし、真矢先生、最後まであのキャラクターで引っ張りましたね。卒業式のシーンでは、以前和美ちゃんの夢で出てきた姿になるのではと思っていたのですが。

 ちなみにこのドラマ、うちの先生たちも結構見ているようです。校長も見ているって言っていました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 15, 2005

もうかる仕事 vs 楽しい仕事

 今、5年生の国語で、ディベートを取り入れた学習をしています。(正確には「ディベート的な討論」)その話し合いのテーマとして、「もうかる仕事と楽しい仕事、どちらを選ぶか。」というものを入れてみました。さて、皆さんは「もうかるけどあまり楽しくない仕事」と「楽しいけどあまりもうからない仕事」、どちらを選ぶでしょうか。

 子どもたちは、自分たちの論拠にするため、先生方にインタビューを始めました。すると、ほとんどの先生が「楽しい仕事がいい。」と答えていたようです。私も、「どっちかと聞かれたら、楽しい仕事かな。だって、大人は1日の大部分が仕事だろ。その仕事が楽しくないと、人生つまらなくなるよ。」と答えました。でも、「もうかる仕事も捨てがたいなぁ。」と思うのが本心だったりします。もっとも、職業として「先生」を選んだ人は、「楽しい仕事」を選んでいるわけですよね。

 今度討論会を開くのですが、それぞれの立場にたった子が、どんな論拠を出してくるのか楽しみです。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

September 14, 2005

ある子どものこと

 今日は珍しく子どものことです。今日、同僚と3人で施設に預けられているA君に会いに行ってきました。A君は、照れながらも私たちが会いに来たことを喜んでいるようでした。いろいろな話をしてくれて嬉しかったです。

 A君は、7人兄弟の4番目。7人と言っても父親がそれぞれ違うという、とても複雑な家庭です。今年7人目の子が産まれたのですが、両親(父親は実の親ではありません)もそちらに気をとられ、A君のことはほとんど眼中になかったようです。折檻された形跡もありました。A君にとって、家は決して居心地のいい場所ではなかったはずです。そして、ある出来事をきっかけに、「私の手に負えない。」と、親はA君のことを投げ出し、施設に預けてしまったのです。

 A君が施設に行ってから3ヶ月たちますが、そんな家でもA君は「帰りたい。」と言います。子は親の愛情を求めているのに、どうしてA君の親はそれを与えることができないのでしょう。大勢の子がいるから?そんなことは関係ないでしょう。あなたが産んだ子ですよ。とても人なつっこく、優しいA君。A君の将来が希望に満ちたものになるよう、祈るばかりです。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

September 12, 2005

給食に一言!

 私たち小学校の先生のお昼は、もちろん「給食」。バラエティーに富んだメニュー、バランスの取れた栄養等々、いいことずくめです。感謝の気持ちを表しつつ、一つ言いたいことがあります。

「どうして、豆が入ってるんだ~。」

「ビーンズシチュー」「ビーンズカレー」「チリコンカーン」、そして「五目豆」....。とにかく豆類が入っていることが多いんです。豆が嫌いなわけではありません。しかし、シチュー、ましてやカレーにまで入れることないでしょ。何か独特の味がするんですよね。栄養価が高いことは分かっています。でも、子どももあまり歓迎していないようですし、もう少し何とかならないでしょうか。

 ぜいたくなお願いでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 11, 2005

選挙結果に憂う

 衆院総選挙、自民の圧倒的勝利、一体どうしたんだろう。

 私は、特定の支持政党があるわけではなく、自民党がダメだと言っているわけでもありません。しかし、これだけの圧勝に危機感を覚えるのです。何事も複数の力が拮抗してこそ、よいものが生まれたり、お互いを牽制し合うことで、誤りを防いだりしていくものでしょう。今回、自民が絶対安定多数を大きく超える議席を得たことで、今まで以上に自分たちの主張を力で通していくような気がしてならないのです。「我々は国民の支持を得ている」と。

 郵政民営化の後は、「憲法改正」が争点になる可能性があるでしょう。私は、社会科で憲法の学習をする時、「憲法9条は私たちの宝物だと思う。」と言ってきました。戦争に子どもたちを巻き込んではならないと思っているのです。例え、日本を取り巻く情勢がどうであっても、憲法9条だけは守らなければならないと思うのです。今回の選挙の結果で、「憲法問題」に対する不安が大きくなってきました。アジア諸国との関係も気になるところです。

 大きな支持を得た自民党が、暴走しないことを願っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2005

 夏の終わりの奥日光

 10月中旬実施の修学旅行の下見で、奥日光に行って来ました。日光には何回も行っているのですが、今年から2泊3日になったこともあり、1日ゆっくりと奥日光を満喫するコースはないかと、同僚3人と下見に出かけました。

 一日中歩いたので、さすがに疲れましたが、一日まるごと奥日光の自然にひたり、とても爽やかな気分になりました。

ハイブリッドバスで行く、秘境・西の湖

DSCF2563

湯滝を上から見ると.....。

DSCF2574

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2005

「かかし」を立てる学校

 昨日の記事と矛盾するのですが、今日は晴れて「教育」のカテゴリーです。

 私の学校は横浜の郊外にあって、言っちゃ悪いけど「田舎」です。初めて来た人は、決まって「ここが横浜?」と言います。学区にある店も数えるほどです。そんな場所にある私の学校。夏休みにPTA主催のお祭りがあって、その中のイベントとして、「かかしコンクール」があります。子どもたちがオリジナルの「かかし」を作るのです。再度言っちゃいますけど、「横浜」ですよ。今日は、そのかかしを近くの田んぼに立てに行きました。「○○小学校・かかしコンクール」という看板を立て、その横に作品を展示します。すぐ近くにバス通りがあるのですが、バスに乗っている人が物珍しげに見るんです。これが結構恥ずかしい。

 「その学校にしかない特色を出そう」と言われている昨今、これも立派な特色なのかなと思います。大都市「横浜」の中にあって、田んぼや畑、豊かな緑に囲まれている私の学校は、「稲作体験活動」など、他ではできない活動をやっています。地域の方も協力して下さいます。それらをどのように教育活動に位置付け、より意味のあるものにしていくかが今後の課題でしょう。

 ちなみに私は横浜生まれの横浜育ち。この学校に来た時、「カルチャーショック」を受けました。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

September 07, 2005

カテゴリー・「教育」

 ココログの「カテゴリー」に、「教育」がありますが、私は小学校教師のくせに、最近「教育」というカテゴリーの記事を書いていません。まぁ、夏休みで子どもと接する機会が少なかったせいもありますが、これって、何故?

 書きたいことはたくさんあるのだが、書くと長くなってしまうし、面倒くさい。文章力がな     いので、上手く伝える自信がない。いや、家に帰ったら、あんまり仕事のことを考えていない。考えたくない。いや、本当に「教育」について何も考えていない。......

 私にも何でか分かりません。ブログという場で、私の思考の中で大きなウェイトを占める「教育」について、本音で語るのが怖いというのもあるかもしれません。でも、そうすると私にとって「ブログ」とは?

 そんなことを考えても仕方がありません。ブログって、もっと軽い気持ちで書いた方がいいんですよ。結局これからも、「これを書こう。」と思い立ったことを書く、何でもありのブログを続けていくことでしょう。                                                                   

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 05, 2005

September Rain 九月の雨は冷たくて

 私は、様々な連絡事項を1枚の紙にまとめ、毎日先生方に配っている。その一番下に「今日の一言」という、遊びの欄を作ってしまったのだが、これを考えるのが結構大変。気の利いたことでも書けばいいのだが、最近全然面白くない。今日は、降りしきる雨を見て、「九月の雨」という曲を思い出し、その一節を書いた。多分反応は無いと思うけど。

 「九月の雨」、ご存知の方はいらっしゃるだろうか。太田裕美のヒット曲、私が中一の時だから、もう27~8年も前の曲だ。「車のワイパー透かして見てた 都会に渦巻くイルミネーション」という歌い出し、そして「September Rain 九月の雨は冷たくて」と歌うサビ、哀愁たっぷりのメロディーと相まって、とっても切ない曲なんだ。太田裕美のファンでも何でもないが、中学生の私は、この曲が妙に心に残った。今でも、九月になって雨が降っていたりすると、この曲を思い出す。

 この曲を知っている人は、私と同世代かそれ以上で、ベスト10番組が好きだった人だろうなぁ。

| | Comments (2404) | TrackBack (0)

September 04, 2005

みち子さんの浜焼鯖寿司

 珍しくグルメネタです。「みち子さんの浜焼鯖寿司」、知っていますか。元は羽田空港で売っている空弁で、とっても人気があるんです。私は車の中で毎日聞いている、森永卓朗のラジオで知ったのですが、去年旅行の時に食べてみたら、噂通りの味。焼き鯖の押し寿司なのですが、脂が乗っていて、本当に美味しかったのです。「これは旨い。」と、思わず飛行機の中で唸ってしまいました。それが、最近セブンイレブンでも売るようになったので、今日、買って食べてみました。3切れ入っていて、手頃なサイズ。しかし、鯖の大きさは本物より少し小さめかな。「セブンイレブンが忠実に再現しました。」と書いてあるけど、「本物はもっと旨かったなぁ。」という印象。やっぱり空弁の美味しさにはかないません。

 ところで、この「みち子」さん。矢部みち子さんといい、弁当の中に入っているちらしには、こんな紹介がありました。

~「昭和天皇が好まれたコハダのお寿司。そのコハダを黙々とおろしていた少女が50年を経て、今度は「焼き鯖寿司」という若狭地方の素朴な味を世に送り出した。それが「みち子がお届けする若狭の浜の焼き鯖寿司」なのである。祖父に魚の目利き、祖母に魚の味を叩き込まれた魚のプロフェッショナルで、あらゆる年代のお客様に、懐かしいという感覚で支持していただける浜の味覚をお届けすることに、何より喜びを感じている、浜のおばさんである。」~

 これ、本当に美味しいです。羽田空港においでの際は、是非食べてみてください。

| | Comments (986) | TrackBack (2)

September 03, 2005

18年ぶりの面接試験

 今日、副校長選考試験の集団面接があった。面接なんて、新採を受けた時以来だから、19年ぶりだ。とは言え、昨日まで学校の仕事に追われていて、何も準備をしていなかったので、逆に楽な気分でのぞめたかな。しかし、待合室に入ると、ピリッとした雰囲気が流れていて、さすがにちょっと緊張してきた。

 集団面接は6人で一つのグループ。面接官は3人。初めての受験なので、どんなことを聞かれるのか予想がつかなかったが、「教育法規を勉強する意味についてどう考えるか。」「学力低下についてどう考えるか。」といった、想定の範囲内の質問が来た。個人的に来たちょっと意地悪な質問にも、まぁ答えることができた。「これでダメならしょうがないか。」と思えるような出来かな。でも、多分ダメなんだろうな。これで一次試験は無事終了。あとは結果待ち。ひとまずホッとしました。

 でも、他の人がしゃべっている時、「面接って、どんな基準で評価するんだろう。この中で誰が受かるんだろう。結構面接官の感覚で評価してるんだろうな。たまんねぇな。」とか、「この人、上手いことしゃべってるけど、勉強したことをアピールしようとしているの見え見えだぜ。」などと、余計なことを考えている自分に気付いた。結構冷静だったかも。

 

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 01, 2005

ガソリン、高くなりましたね

 ガソリンの値段が高くなっています。我が愛車・スカイラインは、見かけによらず贅沢で、ハイオク仕様、おまけにリッター7㎞の食いしん坊。毎日通勤で使っている私としては、ガソリンの値上げは特にひびきます。今朝なんて、セルフで給油しているにもかかわらず、リッター140円ですよ。ちょっと異常じゃない?

 ニュースでは、原油高の時の方が、石油各社の利益は上がるということ。矛盾しているよね。アメリカ南部を襲った「カトリーナ」の影響で、さらに価格が上がるという心配もあるみたい。勘弁してほしいなぁ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »