« September 2005 | Main | November 2005 »

October 31, 2005

「学校だより」は白黒印刷

 今日の朝、副校長から、明日発行する「学校だより・11月号」に載せる、「三浦宿泊体験学習」の記事を書いてほしいと頼まれました。そこで、今日の放課後5時半くらいから、コツコツと原稿を作り始めました。デジカメの写真を「フォトレタッチソフト」を使って楽しげに加工して、イラストを入れて、吹き出しを作ってと、自分なりに凝って仕上げました。

 そこで、ふと気付いたのです。「学校だよりは、カラーでは印刷されない。」ということを。白黒印刷なら、こんなに凝る必要は無かったんだ。ガーン。私の2時間を返せ!(やり場のない怒り)

 でも、いつになったら、ローコストでカラー印刷ができるようになるのでしょう。私の学校でも「カラーレーザープリンター」があるのですが、コストと時間の関係で、そんなにたくさんの印刷はできません。現在使っている印刷機のような感じで、カラー印刷ができるようになるのは、まだまだ先でしょうね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 30, 2005

私のハローウィン体験

 今日は子どもの頃の話。私が生まれ育った横浜の本牧には、以前米軍のキャンプ(在日米軍の住宅)がありました。広々とした緑の芝生と、テレビで見るような白い平屋建ての家。そこは、まさに「フェンスの向こうのアメリカ」でした。

 普段は入ることができない、この米軍キャンプなのですが、10月31日の夜だけは、我々日本人の子どもも入ることができるのです。(というか、黙認されていたのでしょう。)目的は、キャンプ内の家を回ってお菓子をもらうため。懐中電灯と大きな袋をもって、まるで探検に出かけるようにワクワク・ドキドキしながらキャンプ内に忍び込みます。そして家のドアを叩き、合い言葉を言うと、太ったアメリカ人のおばさんが出てきてお菓子をくれます。もらうお菓子は、キャンディー、ヌガー、ジェリービーンなど、色鮮やかなアメリカのお菓子。チョコレートをもらうと嬉しかったものです。何にも知らない私たちは、この「トリック・オァ・トリート!」という合い言葉を「チェッカーチュリー」とか、露骨に「チョコちょーだい」とか言っていました。

 最初は、近所の上級生にこの風習を教えられたのですが、これが「ハローウィン」だったと知ったのは、ずっと後になってからです。ちなみに、私たち子どもは、かぼちゃを顔のようにくりぬいて作った置物が窓の側に置いてあったので、「かぼちゃまつり」と呼んでいました。笑っちゃいますよね。 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 28, 2005

船頭は一人でいい!

 今日は出張を二つこなしてから学校に戻り、夜は創立130周年記念事業の実行委員会と、忙しい一日でした。そう、私の学校は来年創立130周年を迎える古い学校なのです。ということは、地域の古老たちは「おらが村の学校」という意識をもっているのです。それはそれでいいのですが、「実行委員会」なとで、町内会長やら同窓会の人やら歴代PTA会長やらという人たちが集まると、たくさんの「船頭」が出現するのです。「ああした方がいい。」「いや、こうした方がいい。」と、能率が悪いの何の。まぁ、それだけ学校のことを考えてくれているのでしょうけど、何とかならないでしょうか。結局は私たち職員が動くんだからさぁ。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

October 25, 2005

ロッテすごいなぁ

 日本シリーズ、ロッテすごいですねぇ。これは勢いというよりも、敵を寄せつけない「強さ」を感じます。しかも甲子園は完全アウェー。そういった悪条件も見事はねのけました。

 しかし、これでロッテの選手たちも全国区になれそうですね。西岡、今江、福浦、里崎、ベニー、サブロー・・・・。いい選手が揃っていますよね。そして忘れてはいけないのが投手力。本当に安定しています。さて、明日はどうなるのでしょう。阪神も、意地でもこのままでは終われないでしょう。

 このブログを始めてから、ほとんど「野球」の話題を書いていません。しかし、私は野球が大好きなのです。それなのに、何故?大きな声では言えませんが、実は私、「大」がつくほどの巨人ファンなんです。今年、いいことが一つもなく、したがってブログに記事を書くこともできなかったのです。トホホ。

 原新監督、来年は頼んだぜ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 23, 2005

閑散としていた投票所

 今日、神奈川県では参院補欠選挙がありました。女性3人の戦いということで、ニュースやワイドショーで取り上げられ、少しは話題になっていましたが、投票率は32%と低いものでした。私は、夕方投票に行ってきたのですが、会場の体育館の寂しいこと。いるのは立会人だけで、皆さん手持ち無沙汰といった感じ。一目見て、「こりゃ、投票率低いぞ。」と思いました。その投票率が結果にも表れ、結局自民の川口順子氏が当選。民主・牧山氏と共産・畑野氏は、浮動票をつかめなかったということでしょうか。全く面白味のない結果になりました。しかし、神奈川県は伝統的に革新が強かったはずなんですけどねぇ。どうなっちゃったのでしょう。(個人的には、高校の先輩である畑野氏に頑張ってほしかったです。)

| | Comments (22) | TrackBack (1)

October 22, 2005

ネットデー

 今日、私の学校では、「ネットデー」と称する、校内LAN整備を行いました。これは、職員・地域・子どものボランティアで校内LANを整備し、各教室のパソコンからインターネットへの接続ができるようにするというもの。十数年前、アメリカのシリコンバレーの学校で始まったもので、この取り組みを通して工事費を節約するとともに、学校と地域の結び付きを深めようというねらいがあるそうです。

 私は3F教室の配線を担当しました。ハブを設置する場所から、ケーブルを天井裏を経由させて各教室まで通す仕事です。最初は慣れない仕事で手こずりましたが、保護者の電気工事屋さんに教えていただき、徐々に能率が上がってきました。グループ内のチームワークも良く、7教室分の配線を時間内に終わらせることができました。

 校長の「鶴の一声」でやることになったネットデーですが、まぁ、各教室でインターネットができるというのは、まぁいいか。教育委員会から、教室の数分のパソコンが配当されると言うし。でも、教育委員会、相変わらずだな。パソコン配当をエサに各学校にネットデーをやらせて、工事費を浮かせるんだ。我々教職員も休日出勤、いや全くのボランティアですよ。音頭だけで、金は出さないんだ。我々の負担は重くなる一方。これ、一事が万事ですよ。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

October 21, 2005

カレーライスの魔力

 いやー、やっと修学旅行・宿泊体験学習ウィークが終わりました。担任ではないのですが、さすがに5日連続の引率は疲れました。そんなわけで、今日は代休。学校自体は休みではないので、ちょっぴり後ろめたい気持ちもありましたが、一日ゆっくりとしました。

 後半の三浦宿泊体験学習で感じたのが、「カレーライスの魔力」。夕飯は野外炊事でカレーを作ったのですが、これがうまい。食材がいいわけでもなく、作り方も超適当なのに、どうして外で作るカレーは美味しいのでしょう。

 子どもが慣れない手つきで野菜を切る。一生懸命に火を起こす。みんなで力を合わせないとカレーは出来ません。私も、指導するというより、子どもと一緒になってカレーを作りました。先生と言うより、グループの中の大将といった感じでしょうか。悪戦苦闘の結果、めでたく完成。そして、ちよっとドキドキしながら一口食べたその瞬間、全員が「おいしい~っ」。「こりゃ作り過ぎたぞ。」と思っていたのですが、グループ全員がおかわりをして完食。子どもたちも大満足でした。

 たかがカレーですが、みんなで協力して作ったものには、魂がこもっているのでしょうね。「同じ釜の飯を食べた」という友達との一体感を味わうことができるカレー作り。改めて教育的価値が高いなぁと思いました。私も楽しみました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 18, 2005

修学旅行終了、明日から体験学習

 2泊3日の日光修学旅行が終わりました。3日間とも天気に恵まれたとは言えず、はっきりしない空模様でしたが、大きなトラブルもなく、無事に終了して何よりでした。奥日光の紅葉がとてもきれいでした。

 さあ、寝不足の私、明日から「三浦体験学習」の引率で、「三浦ふれあいの村」に行きます。台風が来ているんですよね。大丈夫かな。今日はもう寝て、明日に備えましょう。あー眠い。おやすみなさい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 15, 2005

5日連続の引率だーっ

 明日から、いよいよ修学旅行・宿泊体験学習ウィーク。私は5日連続の「泊まり」です。

 まずは明日から火曜日まで、2泊3日の日光修学旅行。6年生の引率です。そして、水・木と1泊2日で「三浦ふれあいの村」での宿泊体験学習。4・5年生の引率です。と言うのも、修学旅行と体験学習が別々の申し込みで、こちらの希望が通らない部分があるため、連続になってしまったのです。日程が決まった時は、「アチャー。」と思ってしまいました。

 まずは明日からは2泊3日の修学旅行。日光は10回位行っているのですが、2泊は私も初めてです。あの元気な子どもたちと2泊もするなんて、気が遠くなりそうです。夜はいつまでも寝ないだろうし。子どもたちは、今頃楽しみでワクワクしているだろうなぁ。まあ、無事に終わってくれることを願っています。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

October 12, 2005

「おにぎり」と「おむすび」、「ミステリー」と「サスペンス」

 TBS7時の「知ったかぶりクイズ」をたまたま見ました。普段何気なく使っている、二つの似ている言葉の違いを当てるというものです。

 まずは「おにぎり」と「おむすび」。「おにぎり」は型を使ってご飯をかためたもの、「おむすび」は人の手で握ったものだそうです。知っていました?ニュアンス的には逆のような気がします。

 「ミステリー」と「サスペンス」の違い分かります?「ミステリー」は視聴者も一緒になって謎解きをしていく(犯人が誰だか分からない)ものだそうです。そして、「サスペンス」は最初に事件があって、犯人も分かっている。その事件を解決していく過程をハラハラドキドキしながら見るものだそうです。

 何気なく使っていても、その意味を正確には知らない言葉って、結構ありますよね。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

October 11, 2005

天気に恵まれない旅行でした

 旅行二日目。朝起きたらやはり霧。今日の予定を決めるのに悩んだが、車山、霧ヶ峰、美ヶ原はあきらめ、中央道の韮崎から富士川沿いを一路南下、駿河湾に面する「由比」に出て、桜えび料理を食べようということになった。

 まず立ち寄ったのが、日蓮宗総本山・身延山久遠寺。ここは本堂に至るまでの階段がすごい。菩提梯という名前がついていて、約280段あるのだが、一段ごとの高さがあり、かなり足にくる。何とか昇り切ったのだが、家内が「気持ち悪い。」と言い出した。どうやら貧血になったらしい。そのくらい長くて急な階段だということだ。大変な思いをして参拝をしたのだから、ご利益を期待しよう。

 由比には午後1時頃到着。旧東海道沿いに広がる由比の町は、なかなか雰囲気がいい。江戸時代の賑わいを偲ばせる街並みだ。さて、目的の「桜えび料理」。しかし、何と有名店の「くらさわ屋」「井筒屋」は定休日で休み。連休明けだから、いやな予感はしていたんだよね。仕方なく、「由比おもしろ宿場館」の中にある「海の庭」という店で「桜えびづくし」を食べた。かき揚げを中心とした桜えび料理の数々。なかなか美味しかった。

 2日間の走行距離600㎞。1泊2日の小旅行の割には、よく走りました。しかし、天気に恵まれない旅行だったなぁ。まぁ、こんなこともあるか。今まで行ったことのなかったコースや場所に行けたから、よしとしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2005

車山高原に来ています。

1泊2日で、長野県の車山高原に来ています。天気が悪く、霧ヶ峰ビーナスラインは名前通り霧の中。とても景色がいいコースなので残念。そんな状況がある程度予想できたので、山に登る前に下諏訪温泉の足湯、タケヤ味噌の工場、諏訪大社などに行った。紅葉が始まっていたので、画像を送ります。(宿泊する「リゾリックス車山高原」の前の紅葉)200510101504000.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2005

雨の三浦半島

 今日は雨の中、来週に迫った体験学習の下見のため、同僚3人と三浦半島に行って来た。朝から、宿泊する「三浦ふれあいの村」、子どもがグループで行く「ソレイユの丘」、「油壺マリンパーク」、「城ヶ島」などを回ってきたが、天気のせいか、どこも何か寒々しい感じがした。下見が終わった後、三崎漁港の魚市場の隣にある回転寿司で昼食。回転寿司とは言え、すべて頼んで握ってもらうのだが、さすがは三崎。大トロは超美味。その他にもカワハギ、金目、太刀魚、イサキなど、地魚の握りをリーズナブルな値段で味わうことができた。それだけでも、行った価値があったかな。

 明日からは、1泊で長野の車山高原に行って来ます。あまり天気が良くなさそうですが、紅葉が見られたらいいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2005

新幹線と同じ歳

 突然ですが、私、「新幹線」と同じ歳なんです。「新幹線」は昭和39年の10月1日開業。私は10月7日生まれ。そうです。昨日誕生日でした。特に変わったことのない静かな誕生日でしたが、私も新幹線も41歳になりました。

 そう言えば、私が子どもの頃走っていた、丸い鼻と目の可愛い新幹線も姿を消し、目つきの悪いやつとか、カモノハシみたいなやつが走っていますが、ちょっと古めのやつが、ガタガタ揺れながら走っているのに乗った時などは、「おお、お前も頑張ってるなぁ。」と思ってしまいます。

 就職してから19年。ちょうど折り返し点くらいでしょうか。年齢を言い訳にせず、これからも頑張れたらと思います。でも、「おやじ」になったよなぁ。

| | Comments (23) | TrackBack (0)

October 06, 2005

校長に怒られた

 今日の午後、3時40分。職員打ち合わせがありました。打ち合わせの最後は校長の話なのですが、司会の先生が「それでは、校長先生。」と話を振ったら、「えー、4つお話をしたいと思います。」と校長。「またかよ。こりゃだらだらと長くなるなぁ。」と思っていたら、フッと意識が遠のきました。授業が終わってホッとするこの時間帯って、眠くなるんですよね。打ち合わせが終わった後、校長に呼び止められ、「教務主任のくせに、居眠りなんてしちゃだめだよ。」と一言。明らかに不機嫌になっていました。「すみません。」と私。やっぱまずかったね。でも、内心は「そんなら、もう少し聞きたいと思うような話しろよ。」と思うのでした。

 しかし、居眠りで校長に怒られるなんて、小学生みたいです。よく考えてみると、結構笑える今日の私でした。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

October 05, 2005

利用中のディスク容量76%

 私が「ココログ」でブログを初めて、早10ヶ月。記事の数も180になろうとしています。ふと、「利用中のディスク容量」を見たら、もう既に76%になっているじゃないですか。私は、無料の「ココログ・ベーシック」ですが、このままいくと、年内には容量がいっぱいになってしまうでしょう。どうしたらいいの?このまま続けていくには、やっぱり容量の大きい「ココログ・プラス」に変更しなくてはならないでしょうね。無料じゃなくなっちゃいますが。でも、こうやってブログを楽しんでいるのですから、月に数百円は安いもんですね。

 そろそろ容量がいっぱいになるという方、いらっしゃいませんか。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 03, 2005

週末の余韻

 週末の「日本女子オープン」の余韻が、両足のかったるさとともに残っています。二日間の思い出の品を紹介しちゃいます。

1

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 02, 2005

日本女子オープン・ボランティア二日目

 日本女子オープン・ボランティアの二日目。最終日の今日は、23組・大場美智代選手と西塚美希世選手の組についた。今日は10月としては記録的な暑さだったそうだが、戸塚カントリークラブは黒山の人。2万人以上のギャラリーが集まり、大変な盛り上がりだった。昨日のラウンドで仕事の要領がつかめたので、今日はリラックスして楽しめたように思う。選手と一緒にフェアウェイを堂々と歩き、とても気持ちがよかった。選手との距離も昨日以上に縮まった。今日は西塚選手が健闘し、7位タイまで順位を伸ばした。昨日ついた李選手と同様、自分がついた選手の名前がリーディングボードにのり、本当にラッキーだった。 この2日間、キャリングボードの仕事は想像以上にハードだったが、とてもいい経験ができた。宮里選手が、優勝スピーチで、「ボランティアの方々が、陰で支えてくださった。」と言ってくれたが、自分もほんの少し大会の運営のために役立てたと思う。

 今日はNHKのテレビ中継にもはっきりと映っちゃいました。それも結構長く。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

October 01, 2005

日本女子オープン・ボランティア1日目

 久々にゴルフネタです。地元横浜の戸塚カントリークラブで行われている、メジャータイトル「日本女子オープン」に、ボランティアとして参加した。今日はその1日目。役割は「キャリングボード係」、テレビ中継でよく映る、選手名とスコアが書かれたボードを持ち、選手と一緒に18H回る。スコアを入れ替えるのはもちろん、スコアラーと協力し、スコアの確認もする。結構緊張する係だった。最も選手のプレーを近くで見られる係だと思って応募したのだが、これが重労働。ボードが風であおられ、最後はヘトヘトになってしまった。どの組につくかは、朝のくじ引きで決めるのだが、私は運良く26組・上位に食い込む可能性のある、李知姫選手と中道かおり選手の組につくことになった。(やっぱり藍ちゃんの組にはつけませんでした。)

 さて、私がついた李知姫選手。+2の11位タイからのスタートだったが、さすが優勝経験のある実力者。スイングもきれいで飛距離も出る。しかし、7Hでバンカーショットをミスし、痛恨のトリプルボギーを叩いてしまった。+6までスコアを落とし、このままズルズルといくかなと思っていたのだが、ここからがさすが。後半粘りのゴルフで3つのバーディーを取り、+3までスコアを戻した。終わってみれば、何と4位タイまで上がってきた。

 選手と一緒に回ると、まるで自分も一緒にプレーしているような気持ちになってくるから不思議だ。選手がバーディーを取ると、小さくガッツポーズが出てしまうし、ミスをすると「アー」と声が出てしまう。選手と一緒に戦う気分を味わうことができた。そして、グリーンに近付くと、藍ちゃん人気で集まった大観衆から大きな拍手で迎えられる。何だか気持ちが良かった。後半、トップ10の成績を掲示した「リーディングボード」に李知姫選手の名前が出ているのを見て、「俺たちが報告した成績が出ているぜ。」と、とても誇らしい気持ちになった。疲れたけど、とてもいい経験ができた。

 プレー終了後、李知姫選手に「お疲れ様でした。明日も頑張ってください。」と声をかけたら、「ありがとうございました。」と逆にお礼を言われ、帽子にサインを書いてくれた上に、今日一日使った「クリップマーカー」(帽子のバイザーについているボールマーク・最近ほとんどの選手がつけている。)までプレゼントしてくれた。とってもいい記念になる。李知姫選手、ありがとう。あなたの、ミスをしても諦めない姿勢には感動したよ。明日も頑張れ!

 

| | Comments (8) | TrackBack (1)

« September 2005 | Main | November 2005 »