« November 2005 | Main | January 2006 »

December 31, 2005

大晦日のデパート

 いよいよ大晦日。お年賀を買いに、「横浜そごう」に行って来ました。11時頃に行ったので、車はスムーズに入れることができたのですが、B2の食料品売場は、とてつもなく混んでいました。エスカレーターを降りた辺りが正月用食料品のコーナーになっていて、上から見ると、まさに黒山の人だかりでした。これから夕方にかけて、もっと混むのでしょうね。特に閉店間際は安くなりそうなので、なおさらでしょう。そんな中、私たちは、和菓子の詰め合わせ4つ、お茶2つを買いました。あっ、それから家内は「loft」で「バランスボール」も買っていました。その後、お墓参りを済ませ、一旦帰宅。

 これから本牧にある実家に帰ります。お正月は両親と一緒に過ごします。ですから、おせちの準備などはしなくて済むので、我が家はお正月は特にお金がかかりません。ありがたいことです。実家のおせちは、母親の手抜きで、毎年「プリンスホテル」のやつです。半分お金を出すと言うと両親も気を遣うので、今年は商品券を持っていくことにしました。

 2005年はもうすく終わりですが、個人的には充実した良い年だったと思います。特に病気や怪我なども無かったし。来年も、より前向きに頑張れたらいいなぁと思っています。1月からブログを始めたことも良かったかな。ブログを通した「つながり」も広げることができて、とても楽しかったです。

 私のブログを読んで下さった皆さん、コメントを下さったみなさん、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

 それでは皆様、よいお年を。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

December 30, 2005

片付け下手な私

 昨日、今日と自分の部屋の大掃除をしました。昨日は片付けをして、今日はワックスがけ。部屋がとってもすっきりとしました。

 しかし私、片付けが昔から下手なんですよ。一回綺麗にしても、どんどん物がたまっていってしまう。特に本や書類などを机の上に高く積んでしまうのです。(特に書類が多いんです。)片付けが上手な人は、捨てるのが上手なんでしょうね。私の場合、子どもの頃からこんな感じなので、もう直らないだろうなぁ。今回は、いつまできれいな部屋を保てるでしょうか。いい整理法をご存知の方、是非片付けのコツを教えてください。ちなみに、きたないのは私の部屋だけで、リビングや台所などは汚れているのがいやなんです。これってワガママですよね。

 さあ、大掃除も無事終了。あとは新年を迎えるのみです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 28, 2005

冬ゴルフは厳しーっ。

 今日は茨城県の「インペリアルカントリークラブ」でゴルフ。茨城のゴルフ場は、フェアウェイが広く、のびのびと打てるので好きです。しかし、何も遮るものがない、フラットなコースなので、ことのほか風が強いのです。関東平野を吹き抜けるからっ風は、身にしみました。球筋は風に翻弄されるは、寒さで体が言うことをきかないはで、さんざんな結果でした。スコアはあえて書かないようにします。でも、ゴルフができるって幸せですねぇ。何もかも忘れてプレーに熱中でき、とってもいい気分転換になりました。今度は新年の7日にラウンドします。それまで、ゴロゴロ寝ていないで、練習、練習。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 26, 2005

遅いぞ!年賀状書き

 私、今日になって年賀状を書き(作り)始めました。「筆王」を使い、インターネットのフリーのイラストをダウンロードして....。「やばいっ。遅いぞーっ。」

 「24日までに出して下さい。」と郵便局。無理に決まってるじゃん。

 そのくせ、元旦に届いた年賀状を見て、「何だ、今年は元旦に届いたやつが少ないなぁ。みんな何やってるんだ?」と、決まって私は文句を言うのです。そこで一言。

 「お前もだーっ。」

 さあ、早く書かなくちゃ。

| | Comments (27) | TrackBack (0)

December 24, 2005

私のクリスマス

   メリー・クリスマス!

 みなさん、どんなクリスマスをお過ごしでしょうか。私のクリスマス・イブは、何の変哲もないただの休日でした。

 冬休みに入る前の朝会で、全校児童に向かって、「お家の人たちは、この時期とっても忙しいんです。だから、みなさんも自分でも出来ることを見つけて、どんどんお手伝いをしてください。家族の一員としての役割を果たしてください。お家の人は、きっと喜ぶと思いますよ。」という話をした私。私も「家族の一員としての役割」、と言うよりも、家内との「クリスマスの約束」を果たしました。そう、大掃除です。共働きの我が家は、この3連休が大掃除のチャンス。今日は、1階のリビングと2階の寝室の拭き掃除&ワックスがけ、シャッターの掃除をしました。ピカピカになったフローリングを見ると、ちょっとした達成感があります。ムードも何にもないクリスマスイブでした。あっ、そうだ。まだ年賀状も書いていないや。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 21, 2005

明日でおしまい

 小学校の2005年は、いよいよおしまい。明日1日を残すのみとなりました。子どもを巻き込む事件が多発する中、私の学校では特に大きな問題もなく、無事終了することができそうで、ホッとしています。しかし、思い返すと、いろいろなことがあった1年でした。

 3月までは、4年生のクラスが学級崩壊状態になり、それはひどい状態でした。私もずい分かかわってきたのですが、担任ではないつらさで、なかなか思うような指導ができず、歯がゆかったものです。そんな中、クラスの子たちが、いじめの対象になっていた一人の子に怪我をさせてしまう事件が起こり、大問題になりました。4月、新年度のスタートは「臨時保護者会」からスタートという、異例の事態になったのです。しかしその後、5年生の担任になったF先生の力で、クラスは立ち直り、今はみんな楽しい毎日を送っています。(まだ課題はありますが。)私も2年間そのクラスにかかわっているので、「自分のクラス」のように思えるようになりました。今、そのクラスの子どもたちと楽しく話していると、ちょっと感慨深いものがあります。来年は、この子たちも6年生。もっともっと成長した姿が見られるのではと楽しみにしています。

 振り返ると反省することも多々ありますが、まぁ充実した1年だったように思います。明日、気持ちよく子どもたちが冬休みを迎えられるようにしてあげたいと思っています。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

December 19, 2005

寒いっ!

 日本を覆う大寒波。各地で被害が出ているようですね。大雪の地方に住んでいらっしゃる皆さんは大変ですね。お見舞い申し上げます。横浜は晴天の日が続いていますが、とにかく寒い。いや、正確には学校が寒い。

 朝、校門の所に立って子どもの登校を見守ります。寒いっ!。ポケットから手が出ません。体育館での朝会、足下からしんしんと冷えます。そこに校長の話、寒いっ!。職員室にはストーブがなく、暖房はエアコン。これがうすら寒いっ!。夜は130周年記念式典の実行委員会。エアコンの温度設定が低かったのか、寒いっ!。地域の人が長々と話をして、なかなか終わらない。とにかく寒いっ!。

 追い打ちをかけるように、朝から鼻水が止まらず、一日ティッシュが手放せませんでした。鼻のかみすぎで、鼻の頭は真っ赤。ヒリヒリします。「先生、鼻が赤くなってるよ。」と、子どもにも言われる始末です。ひどくならないといいなぁ。

 

| | Comments (36) | TrackBack (0)

December 18, 2005

サンタクロースはいるか?

 昨日の「ランドセル」に続いて、今日は子どもにとっての「サンタクロース」です。

 1年生を受け持っていた時のこと。

 A君「先生、サンタクロースなんていないよ。」

 私 「どうして?A君の家にはサンタさんは来ないの?」

 A君「だってね、去年のプレゼント、『ダイクマ』の包み紙だったんだもん。」

 かわいいでしょ。笑っちゃいますよね。今はつぶれてしまった「ダイクマ」ですが、当時は飛ぶ鳥を落とす勢いで神奈川県内に店舗数を増やしていたディスカウントショップです。A君の家では、よくダイクマに買い物に行っていたのでしょう。

 私のゴルフ友達、K先生の話。「お父さん、サンタは本当に来るの?」の聞かれたK先生、こう答えたそうです。

 「サンタさんはいると思っている子の所には来るけど、サンタさんなんていないと思っている子の所には来ないよ。」

 名解答ですよね。ちなみに、私はずいぶん小さい時から「サンタなんていない」ことを悟っていました。うちは、全然夢のある育て方をしてくれませんでしたから。さて、子どもたちの家には、サンタクロースは来るのでしょうか。

| | Comments (19) | TrackBack (0)

December 17, 2005

ランドセル、いつまで使っていました?

 いつもコメントを下さる、「つぶやきちゃん」のかおちゃんの記事からヒントをいただいて、今日は「ランドセル」のことです。

 1年生がしょっているランドセルを見ると、最近はいろいろなカラーがありますね。昔は男子は黒、女子は赤と決まっていたのですが、「イオン」のランドセルなんて、ものすごいカラーバリエーションがあるようです。このランドセル、高学年になると使っていない子が増えてきます。体が大きくなって窮屈になったということもありますが、流行に敏感な子、スポーツをやっている子ほど、ショルダーバックやボディーバックを使っているようです。私は、卒業が近くなると6年生にこんな話をします。

 「みんなが使っているランドセルはただのカバンではないんだよ。買ってもらった時のことを覚えているか?みんなのランドセルには、お父さんやお母さん、もしかしたらおじいちゃんやおばあちゃんの思いがギュッと詰まっているんだ。それから、みんなの成長を一番よく知っているのがランドセルなんだよ。いつも一緒にいて、みんなのことを見ているんだから。今でも大切に使っている人のランドセルは、きっと喜んでいると思うよ。最後まで大切に使おう。」

 かく言う私も、5年生頃から、その頃流行し始めたショルダーバックを使っていました。まだ、ランドセルが使えたのにもかかわらずです。男子でも、高学年になると、アディダスとかプーマとかナイキのカバンに憧れますからね。さて、みなさんは、いつ頃までランドセルを使っていましたか。

 

| | Comments (23) | TrackBack (0)

December 15, 2005

ヤンキー母校に帰る

 ブログのデザインを変えてみました。冬季限定っていう感じかな。

 昨日、私の学校に「ヤンキー母校に帰る」のモデル、義家弘介先生が来られました。「スクールミーティング」ということで、子どもや保護者と語り合うためです。私は子どもとの座談会に出席したのですが、実体験にもとづいた話はとても迫力、説得力があり、子どもも私たちも中身に引きづり込まれてしまいました。「夢を語り合おう。」というテーマで話をされたのですが、「あなたたちの存在、そのものが夢なんです。」という言葉が印象に残りました。

 そして今日、5年生のF先生が借りてきた「ヤンキー...」のビデオを子どもたちと一緒に見ました。実は、私見たことがなかったんです。いやーっ、面白いですねぇ。義家先生役の竹之内豊、かっこいいです。

 ビデオを見終わった後、竹之内豊の気分で、「よーし、席に着け。いいか、お前ら、なめんじゃねーぞー、コラッ。」と子どもたちに向かって凄みをきかせて言ったら、「似合ってない。」と笑われてしまいました。到底、竹之内にはなれっこありません。これって、ヤクザ映画を見終わって、映画館から出て来た人が、みんな肩をいからせて歩いてくるのと一緒ですよね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 13, 2005

夕焼けを見ていますか

 寒波が押し寄せてきていて、雪が降った地方も多いようですね。しかし、ここ横浜ではここのところ、ずっといい天気が続いています。(今日は、雪空になった時間がありましたが。)

 職員室の私の席に座ると、西の空が見えて、毎日美しい夕焼けを見ることができます。最近の夕焼け、とてもきれいですよ。青とオレンジが混じり合う、何とも言えない空の色。そして、西日に照らされて、微妙に変化していく雲の表情。毎日4時頃になると、美しい西の空が見える私の席は、なかなかいい場所です。

 今日は、職員会議があったのですが、なかなか能率よく進まない会議にイライラしながらも、西の空を眺め、気持ちを落ち着かせる私でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 12, 2005

どう思います?クリスマスイルミネーション

 12月中旬、クリスマスが近付いてきました。そして、今年も増えてきましたねぇ、「クリスマス・イルミネーション」をやる家が。私の家の周辺でも、毎年少しずつ増えているような気がします。横浜には、立ち並ぶ家がみんなイルミネーションをやっていて、車で見物にくる人も大勢いる通りがあるらしいです。ホームセンターなどにもイルミネーションのコーナーができていて、完全に「市民権」を得ているようですね。しかしみなさん、これ、どう思われますか。省エネが叫ばれている中ですが、豊かさの象徴でしょうか。ちなみに我が家は全くやっていません。玄関にポインセチアが置いてあるくらい。我が家の向こう三軒両隣の家もやっていないので、よかった、よかった。

 「クリスマスイルミネーション、見る分にはいいけど、自分は絶対にやらない。」

 私の家、仏教ですから。(残念!)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

December 11, 2005

今日は「義経」の最終回

 今年は、日曜日の夜は「義経」と決まっていたのですが、今日が最終回。来週からは寂しくなりますねぇ。(総集編がありますが。)

 どんな終わり方をするのかなぁと思って見ていましたが、あまり暗くならず、義経主従の「絆」の強さを通して、人間どうしのつながりの大切さが、上手く描かれていたのではないかと思います。私は歴史の中でもあの時代が好きで、義経、頼朝といったところは、割と得意です。展開が分かっていても、ドラマの中の登場人物につい感情移入してしまいました。そんな意味で、初めて義経のストーリーに接する人にも、知っている人にも、理屈抜きで楽しめるドラマだったのではないかと思います。

 タッキーの義経もなかなか良かったですが、何せ脇を固める頼朝(中井貴一)、清盛(渡哲也)、後白河法皇(平幹二郎)、藤原秀衡(高橋英樹)らが素晴らしかったですね。

 静(石原さとみ)、うつぼ(上戸彩)も良かったです。(個人的趣味が入りますが。)

| | Comments (9) | TrackBack (1)

December 08, 2005

「とかす」と「うすめる」の違いは?

 5年生の理科で「もののとけ方」という単元があります。今日、その1時間目の導入の学習をしました。「水(お湯)にとけるものを探そう。」と投げかけてみました。すると、何と60種類もの答えが出てきました。塩、砂糖はもちろんですが、コンソメ、ココア、カレーのルー、入浴剤等々、答えは様々です。

 「カルピス」という答えが出た時、ある子が言いました。「それって、とけるんじゃなくて、うすまっているんじゃないの?」「そうだ。とけるとうすまるは違うのかなぁ。」

 「ラー油」と答えた子がいました。すると、「油は水に溶けないよ。」「ギョーザを食べる時、お醤油にたらすと、丸くポツポツってなるよね。」「でもさ、ギョーザをお醤油につけているうちに、何か溶けたみたいになるよ。ラー油の味だってするし。」

 「塩が水に溶けるっていうのと、絵の具がとけるっていうのは、何か違うんじゃないかな。」(スルドイ) 

 「溶ける」という、一見単純な事柄をめぐって、俄然盛り上がってきました。そして、次の時間は、身の回りにあるものを持ってきて、実際に溶かし、その様子をじっくりと観察してみようということになりました。「溶けるってどういうことなのか。」という問題意識をもって実験してくれたら、「水溶液」の学習への意欲もより高まっていくのではないかと考えています。しかし、子どもの発想っておもしろいですね。こういう子どもの思考の流れを大切にして、学習を組み立てていくことが大切なのだろうと思います。

| | Comments (24) | TrackBack (0)

December 07, 2005

12月6日 小田和正・武道館

 昨日、小田和正・武道館ライブに行って来ました。今回のツアーでは、7月、9月に続く今年3回目の武道館でしたが、私は全6日中、3日行くことができました。3日も行くと、飽きないかって?いえいえ、何度行ってもその度に感動があるのが小田さんのすごいところです。

 「キラキラ」や「Yes・No」では、長い花道を走り回りながら歌い、「YES-YES-YES」、「君住む街へ」では体全体を使って熱唱します。そして、「風のように歌が流れていた」「僕ら」「言葉にできない」では、泣く子も黙る小田さん節を堪能することができました。「これでもかっ。」とばかりに、広い武道館に響き渡るあの声。もうたまりません。

 8方向からステージを取り囲むようにそびえるスタンド。今回は、小田さんを取り囲む観客の姿にも感動しました。みんな本当にコンサートを楽しんでいる。みんながそれぞれの思いをもって小田さんの曲を聴いているんだなぁ。というのを実感しました。

 高校生の時、大好きだったオフコース。それから約25年経っても、小田さんは自らの姿勢を貫いて第一線で活躍しています。高校生の時に大好きだったアーティストが、40を過ぎた今も心をとらえて離さない。素敵なことじゃないですか。もう58歳になった小田さん。ライブに行くたびに、「もしかしたら、これが最後かもしれない。」と思います。「もう、十分感動を与えてくれたじゃないか。」という気持ちがある一方で、「また、コンサートをやってほしい。」という思いもまだまだ大きいのです。やっぱり、いつも輝きながら走る小田さんであってほしい。小田さんは、私にとっては、いつまでも「憧れ」なのです。

 今回は、サプライズゲストとして、矢野顕子さんと「ゆず」が来ました。何だかとっても得をした感じ。忘れられないコンサートでした。

| | Comments (9) | TrackBack (1)

December 05, 2005

月曜日の子どもたち

 今日は月曜日。「さぁ、元気出していこう!」と言っても、なかなか子どもはノリません。あるんですよ。曜日による子どもの様子の違い。

 大人でも月曜日はなかなか調子が出ませんよね。子どもも同じです。教室に気怠い雰囲気が漂っていたり、おしゃべりが多かったり、集中力が無かったり....。いつもは反応がよい4年生のクラスも、今日は子どもからの「気」をあまり感じませんでした。土日、様々な過ごし方をしている子どもたち。どこかに出かけて疲れが残っている子もいるでしょうし、野球やサッカーの練習に明け暮れた子もいるでしょう。家でゴロゴロしていた子もいるでしょうね。そんな子どもたちに、「さぁ、勉強しろ。」と言っても、なかなか切り替えられないのかな。子どもたちにハッパをかけながらも、ある程度は仕方がないのかなぁと思うのでした。

 私たち教師は、子どもの雰囲気を読み取って、それに合わせて柔軟に学習方法を工夫していくことが必要でしょう。しかし、「今日はここまでやろう。」という計画があるので、ぐいぐいと押し込んでしまいがちです。「子どもがこうなったら、こうやってみよう。」という「引き出し」をできるだけたくさん持てるよう、心がけたいものです。(でも、どんな状況でもしっかりと勉強できるよう、子どもをしつけることも必要かな。)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

December 04, 2005

12月最初の日曜日

 12月最初の日曜日、今日は午前中から天気が悪く、真冬を思わせるような寒さ。雨のため、例の「高圧洗浄機」の効果も確かめられませんでした。何となく気持ちも晴れず、一日中家にいました。パソコンに向かい、週案(今週の指導計画)と次年度に向けての学校経営計画の案を作っていたのですが、どうも集中できず、「残りは明日の空き時間にやればいいや。」と早々と諦めてしまいました。午後は、「ゴルフ日本シリーズ」を見て、スーパーに買い物に行って、そして「義経」。あーあ、どうしてもっと有意義に過ごせないのでしょう。何だかブルーな気分です。

 無駄に休日を過ごしてしまって、後悔してしまう。そんな一日でした。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 03, 2005

初「ジャパネット」

 12月に入りましたねぇ。今年も残りあと1ヶ月を切りました。やり残していることがたくさんあるのですが、今月も元気に乗り切りましょう。

 12月といえば「大掃除」。というわけで、「高圧洗浄機」を買いました。

7E000-7W-9295-l

 毎週土曜日になるとチラシが入る「ジャパネットたかた」で買った、ケルヒャー社製の高圧洗浄機。今まで、「♪ジャパネット、ジャパネット」のCMの誘惑にも負けずに、一度も買ったことがなかったのですが、ついに初「ジャパネット」です。というのも、我が家の門から玄関までの階段が黒ずんできていて、なかなか落ちないので、試しに買ってみようということになったのです。届いたのが夕方だったので、明日やってみようと思います。網戸とか壁とか、車のホイールなんかの掃除にもいいかも。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »