« スチュワーデス刑事 | Main | 複雑な気持ち »

January 14, 2006

厄除け祈願

 今日はお昼から本格的に雨が降り始め、夕方までかなり激しく降りました。久しぶりの雨、車のラジオからは、稲垣潤一の「ドラマティック・レイン」やイルカの「雨の物語」など、懐かしいナンバーが流れていました。そんな中、新年恒例の厄除け祈願に、川崎大師に行ってきました。

 「こんな天気だから、空いているかな。」と思ったのですが、とんでもない。参道を歩いている時、傘と傘がぶつかり合って大変でした。今年、私は42歳になります。ほとんどの神社・仏閣は「数え歳」なので、今年は後厄といることになるのですが、川崎大師だけは「満年齢」なので、今年が本厄。まぁ、どちらでもいいのですが、気を付けた方がいい年頃であることは確からしいので、今年も5000円のお札を頼んで、本殿でご祈祷をしてもらいました。実は私、こういうことには結構マメなんです。初詣とか、お墓参りとか、車の交通安全祈願とか....。私の家族がわりとしっかりとやっていたことを子どもの頃から見ているからでしょうか。「気にすることない。」と思うのですが、やらないと気持ち悪いのです。

 こんな雨の中、お参りして来たのですから、さぞかし御利益があるでしょう。部屋のいつもの場所にデーンとお札を飾って、買ってきた川崎大師名物の「久寿(くず)餅」を食べて、新年の行事はこれでおしまい。よろしく頼みますよ~。

|

« スチュワーデス刑事 | Main | 複雑な気持ち »

Comments

化粧する君のその背中がとても小さく見えてしかたないから~♪
イルカの「雨の物語」大好きです。

厄なく、よい年になるといいですね。

Posted by: とも | January 15, 2006 12:47 AM

 かとせん様、こんにちは。
 昨日の関東地方はとても大きな雨でしたね。北海道だと冬の雨はとてもめずらしいので、子どもたちは感心していました。

 私も厄年や縁起など気にする方です。やはり祖母がこのようなことをまめにやっていたからだと思います。「年寄りのいうことは紙に包んで持っておけ」が私の祖母の口癖です。
 厄のない、平穏な年になりますように。
 それでは失礼いたします。

Posted by: 中見盛 | January 15, 2006 11:08 AM

〈ともさん〉
 コメント、ありがとうございます。「雨」の歌って、いい歌が多いですよね。でも、ともさんの歳で「雨の物語」を知っているなんて....。

〈中見盛さん〉
 コメント、ありがとうございます。私も気にする方なんです。大学受験の前日、「風邪を引くからやめておけ。」という制止を振り切って、鎌倉の鶴岡八幡宮に願かけに行ったほどです。まぁ、心を鎮め、無心になって手を合わせることが大切なんだと思います。

Posted by: かとせん | January 15, 2006 09:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 厄除け祈願:

» 厄除け [青空になる]
今年は数えで41才、つまり「前厄」の年になるので、厄除けで有名なとある八幡宮で祈 [Read More]

Tracked on January 15, 2006 05:44 PM

« スチュワーデス刑事 | Main | 複雑な気持ち »