« 厄除け祈願 | Main | みなさん、ありがとう! »

January 15, 2006

複雑な気持ち

 以前、「副校長選考試験」を受けたことをカミングアウトしたので、その結果についてもカミングアウトします。正直書くのがブログだもんね。

 二次選考まで進んだのですが、今回は名簿搭載はされませんでした。要するにだめだったということ。金曜日に通知が来たらしく、校長から知らされました。試験に落ちるのって何年ぶりだろう。

 校長曰く、「○○さんは、一発でいっちゃうと思っていたんだけどなぁ。絶対に年齢だよ。まだ若いって思われたんだ。私だって4回も受けたんだから。」だってさ。確かに面接の時、「初めての受験ですよね。」とか、「年上の先生に、あなたはどのように接しますか。」ということを結構聞かれたんですよ。

 私の正直な気持ちは、「これで良かったんだ。」という気持ちと、「親や家内をがっかりさせちゃうなぁ。」という気持ちが半々、複雑な気持ちです。そりゃそうですよ。41歳の若輩が人の上に立てるわけがありません。もし副校長になったって、苦労することは目に見えています。まだ修行が足りないぞという教育委員会の判断は正しいでしょう。私自身、今まで同様楽しく子どもと接しながら、のびのびと仕事をしたいと思っているのです。反面、単純な両親は、やっぱり私の昇進を楽しみにしているのです。「期待しないように待ってるよ。」と言いつつ、だめだったと報告したら、きっとがっかりするでしょう。だから、まだ報告していません。どういうタイミングで言ったらいいのかなぁ。それから、来年もあんな大変な試験を受けると思うと、もっと気が重くなります。「どうせいつか副校長になるんなら、いっそのこと一発でいっちゃえ。」と、お調子に乗っていたことも確かです。

 でも、これでいいんだよ。いい経験ができたじゃないか。二次まで進んだだけで上出来だよ。今自分にできることを頑張ることが大切ですよね。

 初めてカミングアウトして、「あー、すっきりした。」

|

« 厄除け祈願 | Main | みなさん、ありがとう! »

Comments

そうだったんですね。
残念です。
でも、かとせんさんが言うように「いい経験」になった事は確かです。
どんな事も経験しないよりした方がいい。
その分、自分が豊かになるから・・・。

ご家族には、かとせんさん自身が「がっかりしてないんだよ」と振舞えば大丈夫じゃないでしょうか?(正直な気持ちを言えるのも家族のいいところなので、無理に振舞う必要もないかもしれませんが・・・。)

Posted by: うめみ | January 15, 2006 10:46 PM

ごくろうさまでした。
一般企業ほど「昇進」にはあまり縁がない職業ですが、いつか教頭(=副校長?)や校長になるための試験を受けなければならないのですね。私としては一生「平」教師で、子どもたちに寄り添ってがんばりたいと思っているのですが、家族のことを考えると「昇進」も必要なんですね。恥ずかしながら、私にはまだ奥さんや子どもがいないので、「一生、平で・・・」なんて悠長なことを言っていられるのかもしれません。
それにしても、41才の若さで試験を受けようと思うところがすごい!ぜひまたがんばってください。

Posted by: hitochan | January 15, 2006 11:36 PM

 かとせん様、こんにちは。
 私は駆け出しなので、たいそうなことは言えません。
 私に言えることはこれだけです。
「お疲れ様でした。」
 心身ともに一回リセットして、これからも子どもたちとのびのびと過ごしてくださいね。
 偉そうに聞こえたら申し訳ありません。
 それでは失礼いたします。

Posted by: 中見盛 | January 16, 2006 06:44 AM

かとせんさん、おはようございます!

そーでしたか、
気になってはいたんですが、聞くに聞けない状態でおりました。
二次試験までいくと、誰だって少し期待します、
それが人間ですから。
来年も受けなくてはいけないのですか、(少し期間を置く、という選択は出来ない世界なのでしょうね)。

ご家族へは、
うめみさんのコメントと同じになりますので、省かせていただきますが、
まだまだ41歳、これからです、
先が長くて羨ましいだろ~と、威張って下さい(^^)。

Posted by: かおちゃん | January 16, 2006 08:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 複雑な気持ち:

« 厄除け祈願 | Main | みなさん、ありがとう! »