« さよならだけど さよならじゃない | Main | 最近の家内 »

February 20, 2006

ちょっとやってみたいカーリング

 トリノオリンピック、メダル「0」という最悪の結果も有り得るようになってきましたね。原田は鳥になるどころか、飛びもしないし。スノーボードは「ビッグマウス」ぞろいだし。

 そんな中、一服の清涼剤(?)になっているのが「女子・カーリング」チームですね。強豪を破って、準決勝進出も見えてきました。選手たちも「アスリート」という感じじゃなくて、北海道のお姉ちゃんといった感じ。好感が持てます。ところで、この「カーリング」、ルールが今イチよく分かりませんが、ちょっとやってみたいと思いませんか?どの競技も想像すらできない世界ですが、この「カーリング」なら楽しめそうな気がします。でも、氷に足を取られて転ぶのがオチかな。

 私は結婚してから、趣味はゴルフ1本に絞り、スキーをやっていませんが、大学~独身時代は、ひと冬に何回も行ったものです。オリンピックを見ていたら、久しぶりにスキーの虫が疼き始めました。

 

|

« さよならだけど さよならじゃない | Main | 最近の家内 »

Comments

はじめまして、ウルトラの母と申します。
『つぶやきちゃん』や『アオビッケさん』のところからやってまいりました。
「カーリング」私も長野オリンピックの時から4年に一度^_^;興味をかきたてられてきました。
ワイドショーで「ボーリングと詰め将棋と何とかと…の要素を併せ持っていて面白い」と言っていましたが、ほんとそうだなと思います。でもあの石、20万円くらいするそうです。しかも日本の石じゃ作れないんですって。やる場所もないですよね。カナダには街の至るところにあるんですって。だから負けて帰ったら袋叩きにあうとかって言ってました。
あと「氷に足を取られる」心配はなさそうです。靴は片足は滑る靴、片足は滑らない靴で、しかも滑る方はカバー付(ごしごしやる方たちは付けている様子)だそうです。安心してトライしてみてください。

Posted by: ウルトラの母 | February 21, 2006 08:49 PM

私も真剣に見ちゃいました~。なんだか、カーリングの選手のみなさん、みんなすごくかわいいと思いません?? かわいい人たちが、すごく真剣な表情でストーンを投げて(?)いるので、カッコイイです!!
ところで、テレビで見たのですが、簡単そうに見えて滑らないように歩くのは難しいようです。特にストーンを投げる姿勢は難しそうでした。でもやってみたい!!ウルトラの母さんと、かとせんさんとアオでカーリングチーム作っちゃいましょうか~≪笑≫

Posted by: アオ | February 21, 2006 09:22 PM

〈ウルトラの母さん〉
 初めまして。コメントありがとうございます。カーリングについて、詳しいですね。靴の裏がそうなっていたなんて知りませんでした。もし北海道にでも住んでいたら、ちょっとやってみたいのですが、横浜ではまず無理ですね。ウルトラの母さんのブログにもお邪魔します。今後ともよろしくお願いします。

〈アオさん〉
 コメント、ありがとうございます。私は4人の中では、いつも半袖のポロシャツを着ている「本橋選手」がいいと思います。(どの人だか分かりますか?)私がもしやったら、ストーンを放した瞬間、コテッと横に転んで、そのままストーンの後を追って滑っていきそうな感じです。

Posted by: かとせん | February 21, 2006 11:19 PM

もし皆が北海道に引っ越せたら、アオさん提案のチームを立ち上げましょう(^o^)丿
私は子供がカーペット等に付けたシミをごしごしやるのが得意なので、ごしごしがんばって、ストーン&かとせんさんを無事誘導したいと思います。ちなみに私は「小野寺」主将かな…顔のほくろが私と似ていて親近感を覚えます。

Posted by: ウルトラの母 | February 22, 2006 10:00 AM

〈ウルトラの母さん〉
 コメント、ありがとうございます。小野寺選手の活躍は素晴らしかったですね。選手たちの出身地の常呂町は行ったことがあるので、ますます親近感を覚えました。サロマ湖の近くです。
 カーリングチーム結成(?)今から練習すれば、次のバンクーバーに間に合うかもしれませんね。(笑)

Posted by: かとせん | February 22, 2006 11:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ちょっとやってみたいカーリング:

« さよならだけど さよならじゃない | Main | 最近の家内 »