« 花粉症・コップ理論 | Main | 間違い探し王 »

March 05, 2006

気の毒なニュース

 この土日は天気が良く、春の到来を思わせる陽気でした。そんなこととは関係なく、私は二日とも家にこもって仕事。1歩も外に出ませんでした。職員会議に提案する新年度準備や来年度の行事予定、そして成績処理と、まあよく仕事をしました。あーっ、情けない。

 そんな中、市内の小学校に勤める女性の先生の家に空き巣が入り、子どもの個人情報が入ったパソコンが盗まれるというニュースが新聞に載っていました。教育委員会から、きついお咎めを受けるでしょう。本当に気の毒です。

 このニュースを見て、皆さんはどんなことを思うでしょうか。「子どもの個人情報が入ったパソコンなんだから、厳重に注意するべきだ。」という声が聞こえてきそうです。しかし、ちょっと待ってください。これには理由があります。まず、学校の勤務時間内に成績処理などを済ませるのは到底無理だと言うこと。3時頃子どもを帰して、5時の勤務終了までの間に、自分が自由に使える時間なんてありません。私のように夜遅くまで学校で仕事ができる人はいいのですが、子育て中の女性の先生などは、みんなテストだの作品だのを家に持ち帰って採点し、評価の結果をパソコンに入力しているのです。成績の時期にはそういうことが増えるわけですが、もちろん勤務時間外です。この事件の背景には、こんな現状があるのです。おまけに新聞には、「校長は勤務時間内に仕事をするよう、指導していた。」なんて書いてありました。全く笑っちゃいます。

 もちろん、個人情報を扱うのですから、パソコンの取り扱いには注意が必要です。でも、今回は「空き巣」ですよ。家に金庫でも買って、その中に入れろとでも言うのでしょうか。なかなか難しい問題ですが、成績先生の仕事の現状を踏まえ、教育委員会は対策を講じてほしいと思います。

|

« 花粉症・コップ理論 | Main | 間違い探し王 »

Comments

確かに気の毒なニュースですね。
かとせんさんが仰る通り、この先生は被害者であって責められる必要はないと思いますよ。悪いのは空き巣であって、データの持ち帰りが悪いというなら持ち帰りをしなければ仕事にならない労働環境を作っている学校管理者というか教育委員会の責任でもあると思います。
と、外野からの応援でした。

顧客データの持ち帰りは私もたまーにやりますね。他人事じゃないですね。

Posted by: たむさん | March 06, 2006 08:12 PM

こんばんは。
私も、たむさんと同感です。
先生は被害者ですよね。
きっととても責任を感じて苦しんでいるのでは・・・。
この空き巣、許せません~!

Posted by: うめみ | March 06, 2006 11:42 PM

ほんと、同感です。帰りに買い物行く時も、ほんとHDDもスティックも持って歩いてますよ。
情報教育担当なので、指定のHDDにきちんと入れるように呼びかけてきました。全然入ってない学年があったので、「本当に、個人のパソコンでなく、しっかり管理してください。」などと強く呼びかけたら「あの・・・手書きなんだけど、スキャナで読み込んで入れといたほうがいい?」・・・これにはかなり・・・うけてしまいました。

Posted by: つぼみ | March 08, 2006 08:13 PM

 皆さん、コメントが遅くなってしまい、申し訳ありません。

〈たむさん〉
 コメント、ありがとうございます。確かに委員会から個人情報保護に関する通達は出ているのですが、気を付けろというだけで、他のことは何も変えてくれませんからね。自分の身は自分で守れということでしょうか。

〈うめみさん〉
 コメント、ありがとうございます。我が家にも、一昨年空き巣が入ったので、人事ではありません。本当に許せません。気を付けないといけませんね。

〈つぼみさん〉
 コメント、ありがとうございます。私もポータブルのHDDを肌身離さず持ち歩いています。この先生が、保護者から責められるばかりでなく、「先生は、お家でも仕事をされているんですね。大変ですね。」という言葉をかけてもらったかが、心配です。

Posted by: かとせん | March 08, 2006 10:57 PM

どうしても個人情報というのは、“漏洩すると罰せられる”というところに頭がいってしまいがちなのですが、、、
「子どものプライバシーを守りたいな」って普通に思う、そんな意識が必要なんだと私は思います。
紙でもデータでも同様。でもデータであれば、暗号化しておくことで、物理的に盗まれても情報が漏洩する可能性はむしろ低いのです。暗号を解読するようなハッカーは物理的に盗もうとなどしないし、普通の盗人は復号する技術などもっていないから。

データの管理をしていなかったのに「物理的に盗まれたんじゃしょうがないじゃん」と言うのではなく、データの暗号化などちょっとした意識でできることをやっていて「規則上、罰せられて悔しいけれど、子どものデータが漏洩することは防げているはず」って言える
そんな人であって欲しいなあと思いました。
でも、「気の毒」に思えるの理由は、個人情報に過敏になりすぎて、“見せしめ”のように条例を適用して罰する行政があったりするからというのもあるんでしょうね。

Posted by: とも | March 08, 2006 11:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 気の毒なニュース:

« 花粉症・コップ理論 | Main | 間違い探し王 »