« March 2006 | Main

April 30, 2006

久しぶりの結婚式

 昨日、久しぶりに結婚式に出席してきました。新郎は研究会の仲間で40歳バツイチ、そして、新婦は何と12歳も年下の28歳。仲間からは、「反則だ。」「犯罪だ。」と罵られていましたが、そのアンバランスさが結構笑えました。

 新郎はバツイチということもあってか、内輪だけのこぢんまりした式&披露宴でした。新婦側の人々は、まだ28歳ということもあって華やかです。みんなカメラを構え、美しい新婦の姿を撮影していました。反対に私たち新郎側はというと、誰もカメラを持っていません。ひたすら飲み、食べるだけ。式場の右半分は華やかで、左半分はおやじくさいというのが、はっきりとしていました。

 挙式後にブーケを投げるというシーンはよく見ますが、昨日はブーケにリボンがたくさんついていて、そのうちの一つがブーケにつながっているというもの。要するにクジ引き方式でした。まぁ、公平にということなんでしょうけど、ここでも笑える出来事が起こりました。当たりのリボンを引いたのは、新婦の友人ではなく、どう見ても30代後半の新婦の上司。とっても照れくさそうにしていました。そして、それを見て陰で笑いのネタにしている私たち。おやじ軍団のいやらしさを自覚してしまいました。

 12歳年下の新婦に合わせたのでしょうけど、新郎と同世代の私は、ウェディングベルを鳴らしたり、花の種が入っている風船を飛ばしたり、スライドを作ったりすることはできません。(こっ恥ずかしくて...)「結婚はもう一度してもいいけど、結婚式は二度とやりたくないよな。」と友人。自分を含めて、友達の結婚式が一通り終わってしまい、何年かぶりに出た結婚式で、おやじ道を進んでいる自分に改めて気付いたのでした。

 いろいろと書いてしまい、ごめんなさい。Kさん、本当におめでとう。

| | Comments (1977) | TrackBack (0)

April 25, 2006

どうなってるんだ、少年たち!

 ここのところ、「少年犯罪」が続発していて、連日ニュースで報道されています。どうして、このような事件が起こってしまうのでしょう。

 高校生が交際相手の中学生を殺害した岐阜の事件に続いて、今日は、高校生が高野山門前の写真店主を「むしゃくしゃしていたから」という理由で殺害した事件や、中学生が担任の先生の給食に薬物を入れた事件なども報道されていました。どれも、思わず首をかしげてしまうような事件です。

 このような事件が多発する背景はいろいろとあると思うのですが、今一度、親の子どもとの向き合い方、学校での子どもとの向き合い方、地域のあり方などを考え直さなくてはならないのではないでしょうか。

| | Comments (87) | TrackBack (1)

April 23, 2006

史上最悪のペース

 またまた前回の更新から1週間が空いてしまいました。新年度の忙しさも手伝って、最近はブログの更新を怠っています。9時30分から10時に帰宅して、食事を済ませ、パソコンに向かうと睡魔が襲ってきて、文章を書くどころではありません。何だかバタバタの毎日でブログのネタも思いつかない。これって「スランプ」でしょうか。以前は3日に2回くらいの割合で更新していたのに。いけませんねぇ。「周りを見る目」が鈍っているのでしょうね。でも、無理をしても仕方ありません。負担にならないように、息長く続けようと思って始めたのですから。コメントを下さる皆さん、見捨てないで、よろしくお願いします。

 さて、開幕ダッシュに成功した巨人。いいですねぇ。この土日はゆっくりとナイター観戦をすることができました。今日は負けてしまいましたが、あれほど勝てなかった阪神に2勝1敗ですから、まぁ良しとしましょう。私、実を言うと完全なる「巨人ファン」です。子どもの頃から一度も浮気をしていません。そうです。巨人ファンのDNAを持って生まれてきてしまったのです。だから、いくらファンを止めようと思っても、止めることができません。いろいろとご批正はあるかとは思いますが、またの機会に巨人への思いを書きたいと思います。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

April 16, 2006

夢での失敗?

 いやーっ、忙しい、忙しい。休日のはずの昨日も、研究会の役員会と新旧役員の懇親会があり、一日がつぶれました。ブログの更新もできなくて参ってしまいます。ということで、久しぶりの更新なんですが....。

 皆さん、寝ている時の夢が原因で失敗したことってあります?私は、今日の朝危うく大失敗をするところでした。夢の内容はよく覚えていないのですが、とにかくトイレに行きたくてトイレを探しているんです。でも、探したトイレが壊れたりしていて、ダメなんです。そして、やっとのことで、トイレに入った瞬間.....。私は、ガバッとベッドから起き上がり、そのままトイレに直行。ギリギリのところで恥ずかしい思いをしなくて済みました。子どもは、夢でトイレを我慢して、おねしょをしてしまうといことがあると思うのですが、40を過ぎた大の大人がねぇ。いやー、危なかったです。

 以前は、野球のノックを受けている夢を見ました。私の番が来て、「次、ショート行くぞ!」と言われ、「オーッ。」と叫んでしまったことがあります。そうです。本当に「オーッ」と叫んだ自分の声で目が覚めたのです。本当に子どもみたいです。

 私は滅多に夢を見ないのですが、夢って不思議ですよね。体調や心理状態が影響するんだと思いますが、私の場合、自分で「どうしてそんな夢をみたのか。」ということが分からないことが多いんです。今日の場合は.....。なーんだ、昨日懇親会で水分をたくさん摂っていたんだ。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

April 11, 2006

号令はやめて・・・・

 新しい年度が始まり、新しい学年での授業が始まりました。教務主任でもある私は、4年生の国語と社会、5年生の算数と理科、6年生の算数と社会を担当しています。結構時間数が多いので大変です。ちょっと気分を変えるため、今年の算数は、授業前の号令をやめることにしました。

 授業の開始は、大体日直さんの「これから算数の勉強を始めます。」という号令で始まっていたのですが、これをやめて変な始め方をすることにしたのです。それは、アントニオ猪木のパクリです。

 私「元気ですか~。」 子ども「元気でーす。」 私「元気があれば何でもできる。」

 みんなで「1・2・3・すーっ!」

 というのです。もちろん「3・すーっ!」は「算数」にかけているんです。最初は「本当にやるの?」と言っていた子どもたちでしたが、「いいから、やるのっ。」「騙されたと思ってやりなさい。」「やんなきゃ成績下げちゃおうかなー。」という、私の強引というか、強制的な指導(?)により、これが始まりました。そして今日で3日目。みんな大きな声でやってるじゃないですか。それもニコニコしながら。算数というと苦手意識を持っている子も多く、ちょっとかったるい時間でもあると思います。授業の最初、こんなアホなことをやって、気分を変えるというのもいいかもしれません。これはくだらないことですが、授業の中身も既成概念を取り払い、子ども目線に立って、「分かる」「楽しい」授業を目指したいものです。

(私は特に猪木ファンだというわけではありません。)

 

| | Comments (37) | TrackBack (0)

April 09, 2006

久々の休日

 年度末、新年度と忙しい毎日が続き、ブログの更新も滞りがちでした。しかし、この土日は久々にリフレッシュ&休養ができました。

 昨日は、前校長先生と同僚とでゴルフ。千葉の上総富士ゴルフクラブでラウンドしてきました。久々のラウンドの割には、「89」とまずまずのスコアで、気持ちよくラウンドができました。前半は5連続パーを含む41で、「これはいけるぞ。」と思ったのですが、後半風がもの凄く強くなり、その影響もあって48とスコアを乱してしまいました。結局89になってしまったのですが、悪コンディションの中90が切れたので満足です。何より、話の面白い前校長先生と回ったのでとても楽しく、久々に何もかも忘れてゴルフに没頭することができました。

 今日は朝寝坊をして、完全オフ。やらなくてはならない仕事もあったのですが、資料を学校に忘れてきてしまったので、「明日やればいいや。」と諦めてゴロゴロしていました。明日から、また忙しい毎日が続きますが、何とか乗り切りたいと思っています。

| | Comments (17) | TrackBack (5)

April 05, 2006

二つの入学式

 今日は二つの入学式に出席しました。一つは自分の小学校の入学式。例によって司会をやりました。そして、午後からは学区の中学校の入学式に出席しました。天気が悪かったのが、残念でしたね。

 二つの入学式に参加して改めて感じたのが、やはり「雰囲気の違い」でしょうか。小学校の入学式は、とても華やかです。席から乗り出すように、ビデオやカメラを構える保護者がたくさんいますし、式のプログラムの中にも「2年生による歌のプレゼント」があったりして、とっても微笑ましく、暖かい感じがします。一方、中学校の入学式はというと、整然としていて、子どもの態度もしっかりとしています。先生方の語り口も落ち着いたもので、やはり「中学校は違うなぁ。」と感じさせられます。それぞれの良さがあるわけですが、1日のうちに2種類の入学式に参加すると、その違いを改めて感じます。

 「子どもって、6年間でこうも違うのかなぁ。すごい成長だなぁ。」と思います。私たち大人の6年間なんて、何も変わらないのに。それだけ、小学校の6年間というのは、子どもの人間形成の上で大切な時期なのでしょうね。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

April 02, 2006

リセット

 春休み中もいろいろと忙しく、1週間近く記事の更新を怠けてしまいました。久しぶりの更新です。

 さて、4月に入りました。新年度ということで、新たな気持ちに切り替えるチャンスですね。もし、私たちの生活や仕事に「リセットボタン」があったら、是非押したい時期ということでしょう。私の学校でも、新しい学級担任が決まり、先生方は気持ちを新たにしていることと思います。私はと言えば、昨年度と同じ。教務主任で4・5・6年生の副担任。このポジションになって3年目なので、ちょっと環境を変えたいという思いもあります。そう、やり残した仕事の処理も含めて、「リセットボタンを押したいなぁ。」という気分です。しかし、嘆いていても始まりません。今年は今年、何か新しいアクションを起こしていきたいと思っています。

 明日から、水曜日の始業式・入学式に備えて、本格的に新年度の準備が始まります。気合いを入れて頑張りましょう。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main